賃貸お風呂の壁紙をDIYで生まれ変わらせる方法!

「賃貸物件のお風呂ってなんだか物寂しい…」

そんな風に感じていながらも、
「下手にいじると退去時に
いろいろと請求が増えそうだから…」
本当は自分ごのみにアレンジしたいと思いつつ
なかなか手が出せていないという方も少くありません。

しかし、最近はカッティングシートを使った
DIYで誰でもカンタンにお風呂の壁紙を
新しく生まれ変わらせることが出来るんです。

なので、今回は賃貸物件のお風呂の壁紙を
生まれ変わらせるDIY方法について
ご紹介していきたいと思います。

賃貸物件のお風呂の壁紙をDIYする前にやっておくこと

賃貸物件のお風呂の壁紙をDIYする場合には
必ず浴室の掃除をしておくようにしましょう。

まずはじめにしっかりと掃除をしておかないと
せっかく新しくした壁紙がすぐにカビてしまう
可能性が高くなるので、そうならないために
しっかりとキレイに掃除をすることが大切です。

そして、お風呂場の壁の広さをメジャーなどで
測っておくようにしましょう。

計測したデータはカッティングシートを注文する際
どれくらいの大きさが必用を頼むかを決める時に使用します。

賃貸物件のお風呂の壁紙をDIYで新しく生まれ変わらせる方法

さて、お風呂の掃除が終わったら
いよいよ壁紙のDIYをしていきましょう。

ということで、
まずはカッティングシートを
用意しなければならないのですが、
カッティングシートには様々なデザインのものがあるので
自分の好きなデザインのカッティングシートを
探して手に入れておきましょう。

【サンゲツ】カッティングシート

注文サイズは準備の時に計測した
お風呂場の壁の広さを参考にして
少し多めに注文するようにし、
シートをきちっと貼るために必用な
「スキージー」を持っていない場合は
合わせて手に入れておくようにしましょう。

また、カッティングシートのイメージが
掴めないという場合には、
サンプルを依頼してみることをおすすめします。
デザインは本当にこれで良いかや
どのように貼り付けられるのかなど
サンプルを使って事前にチェックしておきましょう。

また、貼り付けたカッティングシートは
1年おきくらいにきちんと剥がれるかどうか
チェックしておくと安心です。

基本的には剥がせるものではありますが、
劣化してくるとなかなか剥がれなくなってしまう
という可能性もあるので、
転ばぬ先の杖ということで剥がれなくなる前に
チェックをしておきましょう。

カッティングシートの剥がし方

さて、賃貸物件から退去する際には
カッティングシートを剥がさなければなりませんが、
カッティングシートの剥がし方について
簡単ではありますがご紹介しておきます。

まず、カッティングシートを剥がす際に用意するものは、

  1. ヘラ
  2. シール剥がし

の2つです。

これら2つが揃ったら、シール剥がしを
カッティングシート全体につけて
その後ヘラを使って端から剥がします。

剥がしづらい場合にはシール剥がしをよく
浸透させてから剥がすようにしたり、
ドライヤーで温めたりすると
剥がれやすくなります。

まとめ

今回は賃貸物件のお風呂の壁紙を
新しく生まれ変わらせる方法について
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

「これなら自分にも出来るかも!」
と思われた方も多いと思います。

ちょっとした手間をかけるだけで、
空間を自分の好きなようにアレンジできる
DIYは今ブームになっていますが、
これを機にDIYにチャレンジしてみる
というのも楽しいかもしれませんね。

それでは、ぜひお風呂場の壁紙を
新しく生まれ変わらせて
リラックスできる空間にしてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください