卵なしクッキーと卵ありクッキーの違いとは?卵の役割についても!

前回は卵黄クッキーと全卵クッキーの
違いについてご紹介しましたが、
今回は卵を使わない卵なしクッキーと
卵ありクッキーの違いについて
ご紹介していきたいと思うのですが、
結構多くの方が卵を使った場合と
使わない場合の違いについて気になっているみたいなんです^^

ということで、今回は卵なしクッキーと
卵ありクッキーの違いや、
クッキーにおける卵の役割について
ご紹介していきたいと思います。

卵なしクッキーと卵ありクッキーの違いとは?

基本的にクッキーのレシピを見ると
卵を使用すると書かれてあることが多いと思います。

ただ、卵を使用する場合でも卵黄のみを使うのか
それとも全卵を使うのかという違いがあったりしますが、
これについては前回ご紹介した通りなので
今回は紹介を省略させていただきますね^^

・卵黄クッキーと全卵クッキーの違いとは?

さて、では本題の卵なしクッキーと卵ありクッキーの
違いは何なのかということについてですが、
結論からいってしまうと、
卵なしクッキーは卵ありクッキーに比べると
ほろほろと崩れやすいクッキーで
口当たりが柔らかく溶けるような感覚が強くなります。

なので、サクサクほろほろのクッキーの食感が好き
という場合には卵なしクッキーの方が好みに合うかもしれませんね。

ただ、卵なしだと焼きあがりの膨らみが薄かったり、
卵のやさしい風味がないので、
卵なし、卵ありどちらが好きかというのは
完全に個人の好みということになるんですね。

ちなみに、卵を使わないと逆にバターや粉の
香りを強く感じることができるというメリットもあります。

なので、卵なしクッキーと卵ありクッキーを
食べ比べたことがないという場合は
一度両方を作ってみて食べ比べをしてみて
どちらが口に合うかを研究してみると良いとおもいます^^

クッキー生地での卵の役割とは?

さて、ここまでは卵ありクッキーと卵なしクッキーの
違いについてご紹介しましたが、
そもそもクッキー生地で卵はどのような
役割を果たしているものなのでしょうか?

クッキー生地での卵の役割はいくつかありますが、
ざっくりまとめると…

  1. 生地のつなぎ
  2. 加熱すると固まる&膨らむ性質を利用してサクサク感を出す
  3. 卵の風味を加える
  4. 生地の水分量を調節する

というような役割があります。

このように卵の役割というのはいろいろあるのですが、
卵を入れた方が生地を作りやすくなるので
クッキーのレシピの多くは卵を使うものになっています。

ただ、マリッシュクッキ-やスノーボールなどは
そもそも卵を使わないんクッキーですので
どのレシピを見ても卵を使うとは
書かれていませんので注意してください^^

まとめ

今回は卵なしクッキーと卵ありクッキーの違いや
クッキー生地での卵の役割などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

卵なしでも卵ありでもどちらでも
おいしいクッキーを作ることはできますが、
卵なしとありでは出来上がりの
食感や風味が違ってきますので
どちらが自分の口に合っているのか
ということがポイントになってきます。

というわけで、ぜひ卵なしクッキーと
卵ありクッキーを食べ比べして
どっちが良いか試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください