タイルに吸盤がくっつかないですぐ落ちる時の対処法!強力タイル用吸盤

壁にタイルが使われている場所といえば
キッチンやお風呂場、トイレなど
様々な場所が考えられますが、
タイルに吸盤でタオル掛けをつけたり、
収納をつけたりされている方も多いですよね^^

しかし、タイルに吸盤をつけようとすると
くっつかないですぐ落ちてしまい
どうしたらよいか悩んでいるという方も多いみたい!

そこで、今回はタイルに吸盤がくっつかないで
すぐ落ちる時の対処法などについて
ご紹介していきたいと思います。

吸盤がくっつかないですぐ落ちる原因とは?

吸盤を壁などの平面にギュッと押し付けると
ピタッとくっつくのは吸盤内部の
空気が押し出されて真空状態になり、
吸盤内部と外部の気圧差が生まれるからなのですが、
つまりは、吸盤内部が真空状態にならないと
どんなに強力な吸盤だったとしても
くっつかなくなってしまうということになります。

なので、もし今吸盤がくっつかなくなって
困っているという場合には

  • 吸盤が変形し隙間ができやすくなっている
  • 吸盤に傷やほこりがついてしまっている
  • 壁が凸凹だったりゴミがついている

などの理由から吸盤と壁の間の真空状態が
保てなくなってしまっていることが
原因である可能性が高いでしょう。

お風呂場ですぐ落ちる吸盤を復活させる方法!

タイルに吸盤がくっつかないですぐ落ちる時の対処法

さて、ここまでは吸盤がくっつくメカニズムと
くっつかなくなってしまった場合に考えられる
原因についてご紹介してきましたが、
ここからはタイルに吸盤がくっつかないで
すぐ落ちる時の具体的な対処法についてご紹介していきます。

1,お湯で吸盤を復活させる

吸盤が変形していることで
くっつかなくなってしまっている場合には
吸盤を一度お湯(80℃くらい)につけることで
形がもとに戻り再びくっつくようにすることができる場合があります。

2,ハンドクリームを吸盤に塗る

吸盤使っているうちに細かいキズが出来てしまったりすると
そこから空気が入り込んでしまい真空状態を
キープすることができなくなってしまいますが、
それを解決する方法としてハンドクリームを
薄く吸盤に塗るという方法があります。

ハンドクリームを塗ることで小さなキズなどが
埋められて真空状態を保ちやすくなるので
再び吸盤がくっつくようになります。

3,強力吸盤に変える

そもそも吸盤の吸着力が弱いものを使っている場合には
重さに耐えられず落ちてしまう可能性がありますし、
ここまでにご紹介したような対処法を試してみたとしても
あまり思ったような効果が出ない可能性があるので
吸盤を強力なものに変えてしまった方が早いかもしれません。

超強力といわれている吸盤でも
割りと安い値段で手に入れることができるので、
一度しっかりとした吸盤を用意しておくと
落ちてしまうことを心配せずに使うことができるでしょう。

まとめ

今回はタイルに吸盤がくっつかないですぐ落ちる時の対処法
についていろいろとご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

タイルだと表面が若干湾曲していたり
凸凹ができているという場合もあるので
吸盤がつきにくい場合もあるかもしれませんが、
そうした場合には多少の凸凹などの影響を受けない
強力な吸盤を使うようにすると良いと思います。

もちろん、吸盤をお湯につけたり、ハンドクリームを
塗ったりして復活する場合もありますので
まだ試していないという場合には
一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください