食後の入浴は血糖値が下がる?お風呂上がりの血糖値は上がる?

「血糖値」を気にされている方も多いですよね。

血糖値が高くなってしまうと、
動脈硬化が起こりやすくなったり、
糖尿病などのリスクが高まるので
注意したい数値のひとつですが、
そんな血糖値に関してこのような疑問があるようです。

それは
「食後に入浴すると血糖値が下がると聞いたのですが…」
ということなのです。

例えば、現在糖尿病を患っている方ですと、
「食後に血糖値を下げるため運動をして下さい。」
お医者さんから言われているはずですが、
もしお風呂に入ることで血糖値が下がるのであれば
運動の変わりになるのではということも考えられますね。

ということで、今回は食後の入浴で血糖値が下がるのか
などについてご紹介していきたいと思います。

食後の入浴は血糖値が下がる?

食後入浴すると血糖値が下がるというのは本当です。

お風呂に入ると体が温まり基礎代謝が増え
カロリー消費が促進されますので
結果的に血糖値も下がっていくわけですが、
実は入浴が血糖値に及ぼす効果はこれだけでなく
体が温まることによってインスリンの働きが
より活発になるともいわれています。

なので、食後の入浴は血糖値を下げてくれる
効果を期待することができるのです。

お風呂上がりは逆に血糖値が上がる?

さて、一方で「お風呂上がりは血糖値が上がるのでは?」
という疑問を持っている方もいるようです。

確かに、お風呂に入ることで血糖値が上がる事もあるのですが、
それは何もお風呂上がりに限定されることではなく
次にご紹介するような条件の場合には
血糖値が上がってしまうので注意が必要です。

  1. 42℃以上のお湯に入る
  2. 水分補給をしないで入浴する
  3. 長風呂をする

このような入浴の仕方をしてしまうと、
血糖値が上がってしまうことになりますので、
くれぐれも血糖値が気になっている場合には
これらの条件に当てはまらないような
入浴をされることが大切です。

血糖値を下げる具体的な入浴方法の紹介

さてさて、入浴の仕方によっては血糖値が
逆に上がってしまう可能性があることについてご紹介したのですが、
具体的にどのように入浴をすれば良いのでしょうか?

それはいくつかのポイントがあるので
そちらについてご紹介すると、

  1. リラックスして入浴する
  2. お風呂の温度は40℃
  3. 入浴時間は15分くらい
  4. 浅いお風呂につかる

このようなポイントがあげられます。

もし、今血糖値が気になっているという場合には
ぜひこれらのポイントを参考にして
お風呂に入られるようにしてみてくださいね。

まとめ

今回は食後の入浴は血糖値が下がるかどうかや
入浴によって血糖値が上がってしまう
条件などについてご紹介しました。

お風呂に入ると血糖値や血圧など、
わたしたちが健康のバロメーターとして
チェックしている数値に変動が起こります。

なので、入浴によって血糖値や血圧などが
どのように変動するのかということについて
ある程度知っておくことはとても大切なことだと思います。

お風呂上がりは血圧が上がる?それとも下がる?

今血糖値が気になっているのであれば、
お風呂の血糖値を下げる作用を
うまく利用してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください