湿度が高い雨の日に鼻水やくしゃみが止まらなくなる原因と対処法!

雨の日に限って鼻水やくしゃみが止まらなくなる…

こんな症状に悩まされている人も結構多いみたいです。

しかし、どうして雨の日だけ鼻水やくしゃみが
ひどくなってしまうのでしょうか?

実はこれは「湿度」が関係している可能性があるようです。

そこで、今回は湿度が高い雨の日に鼻水やくしゃみが
止まらなくなる原因やその対処法について
いろいろとご紹介していきたいと思います。

湿度が高い雨の日に鼻水やくしゃみが止まらなくなる原因とは?

あなたは雨の日に鼻水やくしゃみが止まらなくなる
というような症状が起こったことはありませんか?

分からないけどなぜだか雨の日はこうなるという人も多いですよね。

ですが、何かきっと原因があるということで
その原因について気になった方が
おそらくこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

さてさて、ではどうして湿度が高い雨の日は
鼻水やくしゃみが止まらなくなるのかということですが、
キーワードは「自律神経」になります。

実は湿度が高いと「湿邪」という気象病が起こる場合があるのですが、
湿度が高くなると自律神経が乱れやすくなってしまい、
それによって様々な体調不良が引き起こされてしまう
「湿邪」になってしまうことがあります。

湿度が高い日の体調不良の原因「湿邪」とは?

また、湿度の高い雨の日は気圧が低くなっていますが、
気圧が低いと副交感神経優位の状態となるために
アレルギー症状が引き起こされやすくなります。

つまり、花粉症やハウスダストなどの影響を
受けやすくなってしまうということなのですが、
これもまた鼻水やくしゃみが止まらなくなってしまう
症状を引き起こす原因の1つといえるでしょう。

湿度が高い雨の日に止まらなくなる鼻水やくしゃみの対処法

湿度が高い日に鼻水やくしゃみが止まらなくなる場合に
考えられる原因についてご紹介しましたが、
どのような対処法をすれば鼻水やくしゃみを
止めることができるようになるのでしょうか?

このキーワードはやはり自律神経を整えるということです。

湿度の高さや気圧の低さが自律神経の
バランスを乱れさせてしまうために
様々な体調不良が引き起こされてしまうわけなので、
逆に言えば自律神経を乱れないように
対策を取れば鼻水やくしゃみを止めたり
軽減したりすることができるはずです。

では、どのようにして自律神経を整えれば良いのでしょうか?

これはいろいろな方法が考えられますが、

  • 規則正しい生活習慣
  • 栄養バランスの良い食事
  • 充分な睡眠
  • ストレスフリーの生活

など、基本的な生活習慣を望ましい状態に
していれば自律神経のバランスが
くずれにくい体質になることができるでしょう。

もし、現在上記からはずれている習慣がある場合には
その点を改善すれば症状も比例して
治まっていく可能性があるとおもいます。

ただ、それでも良くならないというような場合には
病院でアレルギー検査などを受けた方が良いかもしれません。

まとめ

今回は湿度が高い日に鼻水やくしゃみが
止まらなくなる原因や対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「もしかしてこれ?」というような
情報はありましたか?

いろいろな原因が考えられるだけに、
思い当たるところから改善していって
症状の変化の様子を見るというのが
ベターな対処法になるかとおもいますが、
症状がよくならなかったり悪化するような場合には
アレルギーの可能性もありますので
早めに病院で検査を受けた方が良いとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください