バッカスやラミーチョコレートは酔う?運転や子供への影響はある?

チョコレートというと子供のお菓子という
イメージも若干あるかもしれませんが、
洋酒が入った「バッカスチョコレート」や
「ラミーチョコレート」に関して言うと
明らかに大人のチョコレートですね^^

ただ、ここで1つ疑問に思ってしまうのが、
バッカスチョコレートやラミーチョコレートを
食べると酔うのかどうかということです。

もし、酔ってしまうとなると運転や
子供への影響などが気になりますが、
実際のところはどうなのでしょうか?

バッカスチョコレートやラミーチョコレートは酔うのか?

「洋酒入りのラミーチョコレートやバッカスチョコレートは
食べると酔うのでしょうか?」

このような疑問を持っている方も少なくないようですが、
結論から言ってしまうと酔う可能性があるので、
食べる場合にはタイミングを考える必要があります。

事実、ラミーチョコレートには3.7%のアルコールが含まれていますし
バッカスチョコレートには3.2%のアルコールが含まれています。

なので、ラミーやバッカスチョコレートを食べると
酔ってしまうという可能性は考えられます。

もちろん、少量を食べたくらいでは酔わないのが普通ですが、
アルコールに弱い人や、一度にたくさん食べてしまったりすれば
バッカスチョコレートやラミーチョコレートといえども
酔ってしまうリスクは高くなるといえますよね。

ただ、1つの目安としてアルコール度数が5%の
チョコレートを350g食べると350mlの缶ビール
1本分のアルコールを摂取したことなりうるそうですので、
かなりたくさん食べない限りは問題なさそうにも思えますが、
アルコールが入っているわけなのでラミーチョコレートや
バッカスチョコレートの食べ過ぎには
十分注意する必要がありそうですね。

バッカス・ラミーチョコレートによる運転や子供への影響について

さて、ここまではバッカスチョコレートや
ラミーチョコレートを食べると酔うのかどうか
ということについて解説してきましたが、
ここでまだ疑問として残っているのが
運転は大丈夫なのかや子供が食べても大丈夫なのか
ということかと思います。

ということで、ここからはこれらの疑問について
解説していきたいと思うのですが、
まず運転しても大丈夫かどうかということですが、
やはり運転前にラミーチョコレートやバッカスチョコレートを
食べるのは避けた方が無難であるといえるでしょう。

もちろん、ラミーチョコレートやバッカスチョコレートを
普通に食べたくらいでは飲酒運転で捕まるほどの
アルコール度数は検出されることはまずないそうですが、
とはいえ、絶対ではありませんしリスク管理の
観点から言うと少しでも事故につながるような
因子は排除していくべきということになりますよね。

また、ラミーチョコレートやバッカスチョコレートを
子供が食べても大丈夫なのかということですが、
これは法律的には子供が食べても問題ありませんが、
やはりアルコールが含まれているものなので、
できるだけ食べさせないようにした方が良いでしょう。

子供は大人よりもアルコールに弱く
急性アルコール中毒なりやすいので
アルコール入りのものは与えない方が無難です。

まとめ

今回は洋酒入りのバッカスチョコレートや
ラミーチョコレートを食べると酔うのかどうかや
運転や子供への影響はあるのかどうか
ということについてご紹介しました。

バッカスチョコレートやラミーチョコレートは
アルコールが含まれたものになるので、
運転前や機械類の操作前には食べるべきではありませんし、
やはり子供が食べるべきものでもないといえるでしょう。

いずれにしてもアルコール入りのものは
食べるタイミングや量をよく考えてから
口にするようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください