お風呂上がりは熱が上がる?熱があるとき入浴しない方が良い理由

熱があるときはお風呂に入ってはいけない
というフレーズを耳にしたことがある方は
かなり多いと思いますが、
これはどうしてそう言われるようになったのか
イマイチよく分からないという方も少なくないようです。

そこで、今回は熱があるとき入浴しない方が良い理由や
お風呂上がりは熱(体温)が上がるのかなどについて
ご紹介していきたいと思います。

お風呂上がりは熱が上がる?

お風呂上がりに体温を測ろうとしている
人をたまに見かけることがありますが、
お風呂上がりに体温を測るのはNGです。

なぜなら、お風呂で体が温まると
体温が上昇してしまうため
正確な体温ではなく熱があるかのような
体温になってしまう可能性があるからです。

また、お風呂に入るたびに熱が上がって
体がだるくなったり、頭痛するなど
肉体的な症状が起こる場合には
体の中で異変や病気が起こっている可能性も
考えられますので内科などで
一度診てもらった方がよいかもしれません。

ちなみに、お風呂上がりは血管が拡張され
熱が逃げやすく湯冷めしてしまいやすい状態なので
お風呂上がりは体が急激に冷やされないように
することが大切です。

熱があるとき入浴しない方が良い理由

さて、お風呂上がりに体温を測るのは
正確な体温が分からないのでNGである
ということについてご紹介しましたが、
熱があるときに入浴しない方が良いと言われる
理由についてここからはご紹介していきたいとおもいます。

まず、1つ目の理由としては
先程も少し触れましたが、
お風呂上がりは「湯冷め」してしまいやすい
ということが挙げられます。

体が熱を出す理由は免疫力を上昇させるためですが、
湯冷めして体温が急激に下がってしまうと
せっかく高まっていた免疫力まで低下してしまい
風邪などの症状を悪化させてしまう可能性があります。

そして、2つ目の理由としては、
お風呂に入ることで体力が消耗されたり
体が疲労してしまうということがあります。

お風呂は正しい入り方をしないと
かえって疲れてしまうのですが、
これを知っている人はまだ多くありません。

なので、普段からお風呂疲れしないような
入浴を心がけることが大切です。

お風呂疲れが起こる原因!お風呂疲れを防ぐ入浴方法

つまり、熱があるときにお風呂に入ってはいけないと
言われる理由は「湯冷め」と「お風呂疲れ」にあったのですね。

逆にいうと、「湯冷め」と「お風呂疲れ」をしないように
入浴するのであれば熱があったとしても
それほど悪影響はないということになるので、
熱があるけどお風呂に入りたい時には
ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回はお風呂上がりに熱が上がるのかや
熱があるとき入浴しない方が良い理由についてご紹介しました。

こういったことをふと疑問に思われる方は
結構多いようですが、
ポイントとしてはお風呂上がりは体温が上がるので
正確な体温が測れなくなっているということと、
熱があるときは「湯冷め」と「お風呂疲れ」を
しないように注意すれば入浴OKということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください