お風呂(浴槽・床)の黒ずみの掃除方法!1番落ちる洗剤は何?

お風呂の浴槽や床に黒ずみってどのように掃除していますか?

このお風呂の黒ずみはなかなか落ちない
ことで有名で「掃除してもダメだった…」
というような方も少なくないようですね。

また、削ってしまえば落ちるのかもしれませんが、
そうすると浴槽に傷が付いてしまい、
さらに汚れが付着しやすく掃除しにくく
なってしまうのでNGです。

そこで、今回はお風呂(浴槽・床)の黒ずみの
掃除方法についてご紹介していきたいと思います。

お風呂(浴槽・床)が黒ずむ原因とは?

ちゃんとお風呂掃除をしているはずなのに
浴槽や床に黒ずみができてしまった…

このような経験をお持ちの方も多いと思います。

ですが、どうしてお風呂には黒ずみができてしまうのでしょうか?

その原因として考えられるのが、

  • 皮脂汚れ
  • 水垢
  • 石鹸カス
  • 入浴剤 など

があります。

例えば、入浴剤を入れたまま水を浴槽に
溜めっぱなしにしているような場合には
黒ずみができやすくなるということですね。

また、普通の水道水の中にはカルキやミネラルなどが
含まれていますが、これも黒ずみの原因となります。

なので、普段からちゃんとお風呂を掃除していたとしても
これらの原因を完全に落としきることが難しいため
黒ずみができていってしまうのです。

お風呂(浴槽・床)の黒ずみの掃除方法!1番落ちる洗剤は何?

お風呂の黒ずみは普通の洗剤では
なかなか落ちてくれない場合があり、
大掃除の時には難攻不落になってしまい
他の場所に手が回らなくなってしまう
という可能性もありとても危険です。

しかし、このお風呂の黒ずみを落とすための
専用のシミ取り洗剤があるので
そちらを使うのが効果的です。

酸性洗剤では効果がないことがほとんどですし、
削ったりしてしまうと傷が付いて、
余計に黒ずみができやすく取れにくくなってしまうのでNGです。

では、お風呂用のシミ取り洗剤は何が違うのかというと、
アルカリ性の洗剤なので黒ずみに反応して
しっかりと染み抜きをしていってくれるんです。

浴槽用シミ取り剤セット

では、具体的な掃除の手順についてご紹介していきます。

  1. 黒ずみを掃除したい箇所をまず水で流す
  2. ゴム手袋を付けシミ取り洗剤キットのAとBを「1:1」で調合する
  3. キッチンペーパーにシミ取り洗剤を染み込ませ黒ずみに貼り付ける
  4. 下に垂れてきた洗剤があればスポンジでむらなく伸ばす
  5. 換気扇・窓・ドアを閉めた状態で1番おく
  6. その後洗剤をよく水洗いして完了です。お疲れ様でした^^

お風呂のシミ取り洗剤の使い方【画像】

まとめ

今回はお風呂(浴槽・床)の黒ずみができる原因や
掃除方法などについてご紹介しました。

お風呂の黒ずみは普段掃除をしていても
だんだんと出来てしまうものなので、
黒ずんできてしまった場合には
お風呂用のシミ取り洗剤を使って
掃除することが大切です。

その他の洗剤ではお風呂の黒ずみを落とすことは難しいですが、
びっくりするほどきれいになったという投稿も
たくさんありますのでぜひ参考にされてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください