運動直後時間を置かずにお風呂に入るのがNGな理由とは?

ジョギングをしたり、スポーツジムに通ったりなど
健康のために運動を心がけている方も多いのではないでしょうか?

そして、運動いて汗をかいたらお風呂に入って一汗流す!
という方も少くないようですね^^

確かに、運動した後のお風呂はとってもリラックス
できてリフレッシュできるので最高です!

しかし、そんな運動直後にお風呂に入ると
脂肪の消化が止まってしまうからNGという
情報も出回っているようで、
本当は運動した後すぐにお風呂に入りたいけれど
躊躇してしまっているという方もいるようです。

そこで、今回は運動直後にお風呂に入るのが本当に
NGなのかについてご紹介していきたいとおもいます。

運動直後にお風呂に入るのはNGな理由

運動直後にお風呂に入るのはNG!
という情報の根拠となっているものは何なのでしょうか?

その根拠についてご紹介すると、

  1. 疲労回復が悪くなるから
  2. 脂肪が燃焼されなくなるから

という2つの理由が大きな根拠となっています。

では、まず1つ目の「疲労回復が悪くなるから」ということについてですが、
運動をすると筋肉にたくさんの血液が送られますが、
それと同時に老廃物質なども送られていて
これらを体外に出そうという活動が促進されます。

ですが、お風呂にはいって血流が良くなってしまうと、
せっかく筋肉に集まっていた老廃物質が再び体内に流れてしまい
排出できなくなってしまうため
老廃物質が体内に残り疲労が抜けづらくなってしまう
可能性があるということなのです。

そして2つ目の「脂肪が燃焼されなくなるから」についてですが、
これは運動後は脂肪を分解する働きがある
リパーゼの活動が活発化しているので、
脂肪燃焼作用が高まっている時間帯になるのですが、
このリパーゼの脂肪燃焼効果がお風呂に入ってしまうことによって
低下してしまうということが分かっているからなのです。

つまり、運動後は脂肪が燃えやすくなっている状態だけれども
お風呂に入ってしまうとその状態を意図的に
終わらせてしまうからNGということなのです。

本当に運動直後のお風呂はNGなのか?

さて、ここまで運動直後にお風呂に入るのがNGと
いわれる根拠となっている理由についてご紹介してきましたが、
もちろんこれに異を唱える意見もあるんです。

というのも、運動直後お風呂に入るのがNGとなっている
根拠の「疲労回復が悪くなるから」については
フルマラソンなどで筋肉を極限状態まで使用した場合に
当てはまるものであって通常の有酸素運動程度では
そこまで気にする必用はなく、
逆にお風呂のリラックス効果の恩恵を
しっかりと受けられるというものです。

そして、もうひとつの根拠となっている
「脂肪が燃焼されなくなるから」
という根拠に対抗しているのが、
何もリパーゼだけが脂肪を燃焼させているわけではないという意見です。

例えば、お風呂に入るだけでエネルギーが消費されるので
脂肪が燃焼されないわけではありませんよね。
いいかえると、リパーゼの働きが低下してしまった
からといって完全に脂肪の燃焼が止まってしまう
わけではないからそこまで気にする必用はないということなのです。

まとめ・総括

さて、今回は運動直後のお風呂が良いのか悪いのか
についていろいろな意見があることについて
ご紹介してきましたが、
軽い有酸素運動などをした後であれば
お風呂に入るのは心配する必用はないと思います。

ただ、フルマラソンなど極限状態まで筋肉を
酷使するような運動をした直後にお風呂に
入るのはNGと断言できるわけなので、
そういったばあいは例外になりますが、
多くの場合は安心して運動直後にお風呂に入って
一汗流すことができそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください