お風呂のポップアップ栓が壊れた時の対処法!自分で修理できる?

お風呂の水をためるために欠かせない
「栓」ですがこの栓や栓に関連する部品は
結構壊れやすいことで有名ですよね。

今回はプッシュすると栓の開閉を行うことができる
ポップアップタイプの栓が壊れた時、
どうすれば良いのかということについて
ご紹介していきたいと思うのですが、
ポップアップ栓を自分で修理することは
できるのでしょうか?

お風呂のポップアップ栓が壊れた時の対処法!構造は?

ボタンを押してお風呂の栓を開閉するものは

  1. ポップアップ栓
  2. ワンプッシュ排水栓
  3. プッシュワンウェイ排水栓

などいろいろな呼ばれ方をされることがありますが、
基本的にはどれも同じものを指す名称になります。

さて、このポップアップ栓が壊れて閉まらなく
なってしまった場合にはどのような
対処法があるのか気になるところですが、

まずはポップアップ栓の構造を確認しておきましょう。

ポップアップ栓

ポップアップ栓は上記の画像のような構造になっており、
きちんと閉まらなくなってしまう原因として多いのが
中に通っているワイヤーが変形を起こしてしまうことにあります。

例えば、排水中に無理やりボタンを押して
栓を閉めようとしてしまったりすると、
中のワイヤーに水圧がかかり変形して
栓が完全に閉まらなくなってしまうなどがあります。

ポップアップ栓が壊れてしまった場合の対処法としては
業者に修理を依頼するのがおすすめとなりますが、
修理を依頼した場合の費用としては1万円~2万円程度
かかるのが相場となるとおもいますが、
部品交換の場所の違いで費用が変わります。

お風呂のポップアップ栓は自分で修理できる?

さて、お風呂のポップアップ栓が壊れてしまった場合、
先ほどご紹介したように業者に修理を依頼するのが
良いとは思いますが、自分で修理できるのであれば、
自分で修理したいという方もいるかもしれません。

もちろん、部品の破損などがあった場合には
部品交換をしなければ直すことはできませんが、
もし少しの変形程度であれば自分で直すことが
できるかもしれませんので、
自分で修理したいという方のために、
自力で対処できる部分についてご紹介したいと思います。

まず、ポップアップ栓を取り外して中の
部品を分解していきましょう。

そして、部品を清掃したり、変形していないかなどを
チェックして元通りに組み直してみましょう。

これで直った場合は修理を依頼する必要はありませんが、
もし直らない場合には自力での修理をあきらめて
業者に修理を依頼した方が良いとおもいます。

というのも、業者に修理を依頼したからといって
すぐに修理に来てもらえるとは限らないからです。

すぐ修理に来てもらえないとなると、
お風呂に水がうまくためられず、
その期間お風呂に入れないということになりますので、
ポップアップ栓の修理の優先順位は高くして
対処をしていった方が良いとおもいます。

お風呂のゴム栓のチェーン(鎖)が切れた時の対処法

まとめ

今回はお風呂のポップアップ栓が壊れた時の対処法
についていろいろご紹介しましたが、
自分でこういったものを修理するのが得意という場合には
ポップアップ栓を分解してみて原因を探ってみて
直せるかどうかやってみると良いかもしれません。

ですが、もし自力で直すのが無理そうであれば、
早めに業者に修理を依頼された方が良いとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください