お風呂に追い焚きがない時の対処法!マンションは後付けできる?

一人暮らしを始めようと色々な物件を
見ているとお風呂に追い焚き機能が
ついていない物件を見つけることがありますよね?

追い焚き機能が付いていないお風呂って
どうやって温度調節をしているのか知っていますか?

もし、追い焚き機能がないお風呂の物件に
住むことになったのならばこれを知らないと
結構困ってしまうと思います。

そこで、今回は追い焚き機能がないお風呂の
対処法などについてご紹介していきたいとおもいます。

追い焚きがないお風呂の対処法

お風呂のお湯は時間とともに冷めてしまうので
翌日以降はまたお湯を入れ直すか
沸かし直さないと入ることができません。

今では、ほとんどのお風呂に「追い焚き」
が付いているので追い焚きボタンを押して
お湯を沸かし直せばまた温かいお湯に入れるのですが、
この「追い焚き」が付いていないお風呂も
アパートやマンションなどの物件の中にはあります。

では、追い焚きがない場合にはどのように
対処すれば良いのかというと、
熱いお湯を足して温度調節をしていきます

なので、多少冷たくなっている水を捨てて
そこに熱いお湯を継ぎ足ししていって
入りやすい温度にしていく形になります。

お風呂に追い焚きを後付けする方法【マンション・アパート可】

さて、追い焚き機能がないお風呂は
入るたびにわざわざ熱いお湯を用意しなければ
ならないのでとても面倒ですよね。

お湯を沸かしてお風呂の温度調節を
している時間があったらもっと
別のこともできるようになるので
「追い焚き機能を後付けすることができたら…」
そんなふうに思っている人も少くありません。

しかし、そんな願いをいとも簡単に
叶えてくれる便利なアイテムがあるんです^^

追い炊き 湯沸かし太郎

この「湯沸かし太郎」を使えば追い焚き機能がない
お風呂にあっという間に追い焚き機能を
後付けすることができてしまいます。

ちなみに、電気代も一時間約3円と経済的です。
なので1ヶ月あたり大体2,000円もあれば
使えてしまうということになるでしょう。

毎日お湯を沸かして継ぎ足す手間と時間を
考えればこうしたアイテムを手に入れて
活用していった方が効率的に時間を使えると思います。

まとめ

お風呂に追い焚き機能が付いていない場合には
後付け式の「沸かし太郎」などを使って
追い焚き機能を付け加えるのがおすすめです。

電気代もそこまでかからないので
ランニングコストもそこまでかかりませんし、
毎日お湯を沸かしてお風呂の温度調整を
していた時間と手間が省けるとなると
もっと別な事に時間を使うことができるようになるので、
お風呂に追い焚きがないという場合には
後付けしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください