お風呂の浴槽に入る水の量は何リットル?水道代はどれくらいかかる?

お風呂の浴槽ってたくさん水が入りますが、
大体何リットルの水が入るのか気になっている
という方も少なくないようです。

また、お風呂にかかる水道代はどれくらいなのか
ということも疑問に感じている方が多いようです。

そこで、今回はお風呂の浴槽に入る水の量は
何リットルなのかや水道代はどれくらいになるのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

お風呂の浴槽に入る水の量は何リットル?

さて、たくさん水が入ることは分かるお風呂の浴槽ですが、
実際は何リットル入るのでしょうか?

これについて調べてみると、
一般的な家庭だと約200リットル
となっているところが多いようです。

ただ、足を伸ばして入れたり、2人が余裕で入れる
ようなお風呂だと250リットルや
300リットルタイプのお風呂である可能性があります。

反対に、足を曲げないと入れないというような
浴槽だと200リットルに満たない可能性もあります。

ただ、ボーリュームゾーンを考えると
200リットル前後が多いようなので
お風呂に入る水の量が分からない場合で、
浴槽が普通のサイズである場合は、
200リットルを目安とすると良いとおもいます。

ただ、正確な水量を割り出したい場合には
お風呂の体積を計算すれば割り出すことができます。

お風呂の体積の計算式は、
「縦×横×深さ」で導き出すことができるので、
メジャーなどでそれぞれを測って
計算すればあなたのお風呂の体積が分かりますよ^^

お風呂の水道代はどれくらいかかる?

さて、たくさん水を使用するお風呂ですが、
水道代はどれくらいかかるのでしょうか?

ということで、これについて調べてみると、
200リットル水を使用すると
だいたい50円前後の水道代がかかるようです。
なので、この場合1ヶ月に換算すると
1,500円程度の水道代がかかるということになりますね。

ただ、シャワー等を使用すれば別に水道代がかかるので注意が必要です。
シャワーは15分~20分で200リットルの水量となるので
使う時間を短くすれば水道代を節約することができます。

ただ、お風呂は水道代よりもガス代の方が
かかってくるのでそちらについても
いろいろと知っておくと良いとおもいます。

【お風呂の給湯器】灯油・ガス・電気のランニングコストの違い!

まとめ

今回はお風呂の浴槽に入る水の量は何リットルなのかや
水道代はどれくらいかかるのかということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

結構たくさんの水を消費しているお風呂ですが、
残り湯を洗濯に使うと水道代を節約することが
できるのでそうされている方も多いですよね。

洗濯機で残り湯を使う方法!

先ほどご紹介した通り1回あたりに節約できる
水道代は微々たるものですが、
1年2年と続けたとすると結構大きな金額になってくるので
もし水道代を少しでも節約したいという場合は
やってみると良いかもしれませんよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする