お風呂にコンタクトをつけたまま入ると乾いて目に張り付く原因とは?

あなたはお風呂に入るときコンタクトレンズを
つけたまま入りますか?
それとも外してから入りますか?

もし、つけたまま入っているという場合には
お風呂上がりに乾いた感じがして
目に張り付いてしまった経験を持っているかもしれませんが、
なぜ、お風呂にコンタクトレンズをつけたまま入ると
目に張り付いてしまうのでしょうか?

ということで、今回はお風呂にコンタクトレンズを
つけたまま入った場合何が起こっているのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

お風呂にコンタクトレンズをつけたまま入ると乾いて目に張り付く原因

お風呂にコンタクトをつけたまま入るのはNGなのですが、
このことを知らずコンタクトをつけたまま
お風呂に入ってしまっているという方も少なくありません。

では、なぜコンタクトをしたままお風呂に
入るのがNGなのかということなのですが、
これは乾燥して目に張り付いてしまうからです。

コンタクトは本来は潤っていて、涙の上に浮かんでいる
感じなのですが、コンタクトをつけたままお風呂に入ってしまうと、
熱によってコンタクトの潤いが奪われてしまい
コンタクトが乾いてしまい目に張り付いてしまうのです。

そして、目に張り付いたコンタクトを
無理やり取ろうとしてしまった場合、
最悪のケースとして網膜や角膜等の
目の重要な器官を傷つけてしまい
さらに視力を悪化させてしまう危険があるので、
コンタクトをしたままお風呂に入るということは
してはいけないのです。

乾いて目に張り付いたコンタクトレンズを安全にはずす方法

さて、ここまでコンタクトをつけたまま
お風呂に入ると乾いて目に張り付いてしまう
原因についてご紹介しましたが、
万が一コンタクトをつけたままお風呂に入り、
目に張り付いてしまった場合には
繰り返しになりますが無理やり取ろうとしてはいけません。

では、どのようにすれば安全に
張り付いているコンタクトをはずすことができるのかということですが、
それは、目薬等でコンタクトに潤いを与えてから
はずすようにすれば安全に取り外すことができます。

ちなみに、コンタクトをつける前に装着液を使用したり、
コンタクトを長時間つけっぱなしにしない
ということをするとコンタクトが目に張り付いてしまう
リスクを減らすことができるので、
万が一コンタクトをつけたままお風呂に入ってしまった時にも安心なので、
こうしたことに気をつけることも大切だとおもいます。

まとめ

今回はお風呂にコンタクトをつけたまま入ると
乾いて目に張り付いてしまう原因などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

お風呂に入る場合は必ずコンタクトをはずしてから
入るようにしなければなりませんが、
はずすのを忘れて入ってしまうという事も
たまにあるかもしれませんよね。

そういった時には今回ご紹介した方法を参考にして
安全に取り外すようにしましょう。
また、装着液を使用したり、長時間連続で使用しない等を
することでコンタクトの乾燥を予防することができるので
こうしたことも実践されると安心かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください