お風呂(プラスチック)の黄ばみの取り方!クエン酸と重曹で落とせるの?

きれいなお風呂だと、
1日の疲れをすっきりと落とすことができますよね?

でも、
「浴槽の周りが黄ばみがなかなか取れないので
ずっと我慢し続けているんです…
どうしたら黄ばみを落とせるのでしょうか?」
とお悩みの方も少なくないようです。

確かに、経年劣化のような形で黄ばみが
出てきてしまっているお風呂ってありますが、
この黄ばみはどうすれば取ることができるのでしょうか?

そこで、今回はお風呂(プラスチック)の
黄ばみの取り方についてご紹介していきたいと思います。

お風呂(プラスチック)の黄ばみの取り方

お風呂(プラスチック)の頑固な黄ばみを落とすのは
なかなか大変なことなのですが、
いくつか黄ばみを落とせる可能性がある方法があるので
そちらについてご紹介していきます。

1,クエン酸で落とす

100均やホームセンターなどのお掃除コーナーで
置かれているクエン酸を使えば
黄ばみを落とすことができるかもしれませんが、
まずはじめにクエン酸を使う際の注意点があるので
そちらについてお読みください。

  1. 大理石・鉄に使ってはいけません
  2. 塩素系の洗剤と混ぜると有害ガスが発生します

ということで、この2つの条件に当てはまらなければ
クエン酸を使って黄ばみ掃除をしてみましょう。

2,メラミンスポンジ(激落ちくん)で落とす

メラミンスポンジ(激落ちくん)を知っていますか?
見た目は白い普通のスポンジなのですが、
特定の汚れを落とすのに強力な効果を発揮してくれます。
(全く落ちない時もありますが、結構落ちる場合が多いです)

メラミンスポンジも100均やホームセンターで
手に入るので試してみてください。

3,強力な洗剤で落とす

  • ワイドハイターEX

などのような強力な洗剤を使うと
黄ばみを落とすことができる可能性があります。

ちなみにワイドハイターEXを使う場合には、
黄ばんだ部分にワイドハイターEXをつけ
その後日光に当てるとかなり落ちるようですので
ただワイドハイターEXをつけるだけでは不十分なようです。

もちろん軽度な黄ばみであれば落ちると思いますが、
頑固な黄ばみの場合には日光に当てるようにしましょう。

4,紙やすりでこする

どうしても落とせない黄ばみの場合には
最終手段として紙やすりでこする方法があります。

紙やすりを使用する際には浴槽に細かい
傷がついてしまいますが、
表面を紙やすりで薄く削ることによって
黄ばみを落とすことができます。

お風呂場によって最適な目地は異なりますが、
少し粗い目地と細かい目地の紙やすりを
それぞれ用意して最後に細かい目地の紙やすりで
仕上げるようにすると綺麗になります。

まとめ

今回はお風呂(プラスチック)の黄ばみの
取り方についてご紹介しました。

正直お風呂場って黄ばみだけじゃなく
カビが生えたりと掃除が大変な場所なんですよね。

ゴムパッキンの落ちないカビの落とし方

ですが、綺麗にしないとせっかくのリラックスタイムが
黄ばみやカビに邪魔されてくつろげないので
時間をとってしっかり掃除されるのはとても良いことだと思います。

というわけで、ぜひ今回ご紹介した方法を
参考にして黄ばみを落としてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください