お風呂の換気扇の修理費用はいくら?賃貸なら交換は大家負担かも

「お風呂の換気扇が動かなくなってしまったのですが、
修理費用はいくらくらいかかるのでしょうか?
また、賃貸の場合は大家負担で良いのでしょうか?」

ということで、お風呂の換気扇が壊れてしまい、
どのように対処すれば良いか、また費用はいくらくらいなのか
疑問に思っている方も少くないようです。

そこで、今回はお風呂の換気扇の修理費用や
賃貸の場合の対処法について
ご紹介していきたいとおもいます。

お風呂の換気扇の修理費用はいくらくらい?

お風呂の換気扇が動かなくなってしまった場合には
故障してしまっている可能性が高いので
電気店などに連絡をして修理してもらう必用があります。

その場合、換気扇本体の代金と人件費がかかりますが、
この修理内容でしたら費用の相場は約20,000円となるでしょう。

また、こうした修理は電気工事士の資格を
持っている人でなければ危険が伴いますので
自分で修理交換しようと考えるのはやめて下さい。

賃貸なら交換費用は大家負担になるかも

さて、お風呂の換気扇を修理するとなると
結構な修理費用がかかってしまうものですが、
もしあなたが賃貸にお住まいなら
修理費用は大家負担となる可能性があります。

なので、管理会社もしくは大家さんに連絡しましょう。

換気扇は備品扱いになりますが、
こうした備品が普通に使用していて
故障してしまった場合の修理費用は
全額負担してもらえるはずなので、
入居者が負担する費用は発生しません。

ただ、賃貸契約において入居者負担としている
大家さんや管理会社もあるようです。
もし、入居者負担という契約が成立していた場合には
残念ですが入居者負担と言われてしまうかもしれません。

ただ、法律上は大家側に「修繕義務」が
あることが明記されているので、
納得がいかない場合には

  1. 消費者生活センター
  2. 宅建協会
  3. 法テラス

に聞いて見るようにすると良いでしょう。

まとめ

今回はお風呂の換気扇を修理交換するために
かかる費用や賃貸に住んでいる場合の
対処法などについてご紹介しました。

換気扇のモーターは4~5年で壊れてしまう
といわれていますので、定期的に換気扇が
動かなくなってしまう可能性は十分考えられます。

なので、修理をどこに依頼すれば良いかや
賃貸の場合はどのように対処すれば良いか
ということを頭の中に入れておくと
いざというときに慌てずに済むとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください