お風呂に入ると息苦しくなる5つの原因と対処法!

1日の疲れや体の汚れを落とすために
欠かせない「お風呂」は、
気持よく入っている人も多いと思います。

しかし、一方でお風呂に入ると
息苦しくなってしまうという症状が起こり
悩まされている人もいるようなのです。

果たして、お風呂に入ると息苦しくなる原因とは
一体何なのでしょうか?
そして、息苦しくならないようにするためには
どのような対処法があるのでしょうか?

お風呂に入って息苦しくなった体験談

いつの頃からかはちょっと定かではありませんが、
お風呂に入ると息苦しくなってしまうようになりました。

数年前までは確か普通にお風呂に
入ることができていたと思うのですが、
現在は、お風呂の途中に息苦しくなってしまうため
わざわざ一度お風呂から上がって、
再度お風呂に戻るというような状態です。

とはいえ、どうしてお風呂に入るだけで
息苦しくなってしまうのかずっと不思議に
思っていたこともありふと詳しい人に
質問してみたところ思わぬ原因が明らかになりました。

それは、お風呂の湯温が熱すぎるということだったのです(笑)

寒い時期にボイラーの設定温度を
高くしていたのか分かりませんが、
ずっと温度が高い設定になってしまっていたため
いつも熱すぎるお湯に入ることになり、
それによって息苦しくなってしまっていたようなのです。

熱すぎるお風呂に入るのは
かえって体に負担が大きいようなので、
適温のお湯を沸かすことが大切ですね。

お風呂に入ると息苦しくなる原因と対処法

お風呂に入った時に息苦しくなる原因や
対処法についてご紹介していきます。

1,お風呂が熱すぎる

お風呂は体を温めて血流を良くしてくれますが、
熱すぎるお湯は血管を弛緩させすぎてしまうため
血圧が下がってしまい血液を送り出すために
余計なエネルギーが必用になってしまうのですが、
そうした場合に息苦しくなるという症状が起こります。

■対処法

お風呂の温度を2~3℃下げて
入るようにしましょう。

それで症状が落ち着いてくる感じがあれば
今までの湯温が高すぎだった可能性大です。

2,カビのホウシによる影響

お風呂場は湿度や温度が高い状態なので
カビが発生してしまいやすい場所です。

あなたが毎日入っているお風呂場は
カビだらけになっていませんか?

もし、見渡してカビがたくさん目に入るようであれば、
そのカビのホウシが風呂場に充満していて
それが原因で息苦しくなっている可能性も考えられます。

■対処法

お風呂場にカビがたくさんあるという場合は、
カビ取り剤などでカビを除去したり、
こまめに換気を行うようにしましょう。

風呂場のカビの掃除方法

3,貧血

鉄分が不足し貧血気味という場合にも
お風呂に入ることで息苦しくなってしまう
可能性があります。

繰り返しになりますが、お風呂に入ると
血管が弛緩し血圧が下がるので
心臓が血液を送り出すためには
たくさんのエネルギーが必用になりますが、
さらに血液自体が不足しているとなると
その影響は顕著にあらわれてしまいます。

■対処法

貧血気味だと感じるようであれば、
鉄分をしっかり摂るようにしてください。

例えばレバーは鉄分が豊富に含まれているので良いでしょう。

4,閉所恐怖症

さて、ここまで3つの考えられる原因について
ご紹介してきましたがそのどれにも
当てはまらないという場合には
「閉所恐怖症」の可能性があるかもしれません。

エレベーターなどの狭い密閉空間に
入った時などにも息苦しい感じがある
というような場合には閉所恐怖症の
可能性はより高いといえます。

■対処法

閉所恐怖症でお悩みであれば、
一度「心療内科」を受診するようにしましょう。

5,パニック障害

5つ目に考えられる原因として
「パニック障害」が上げられます。

パニック障害も閉所恐怖症と同じく
狭い密閉空間に対して不安を感じやすいという
症状が起こる可能性があるため、
お風呂に入ると息苦しい感じがしてしまう
という状態になってしまう場合があります。

■対処法

パニック障害が疑われるような場合にも
「心療内科」を受診するようにしてください。

まとめ

今回はお風呂に入ると息苦しくなってしまう
原因と対処法についてご紹介しました。

本来なら気持よく一日の疲れや
体の汚れを落とすという大事な目的を
果たすために入るものなので、
その目的が果たせないばかりか
かえって逆効果になってしまうというのは
長期的に考えれば健康への影響も
懸念されるということになりますので、
早めにお風呂に入ると息苦しくなる
原因を特定し適切な対処をされるようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする