お風呂の引き戸・折れ戸・開き戸掃除のメリットが高いドアはどれ?

新築やリフォームをされる場合に
お風呂のドアの構造をどうするか
迷っている、または迷った経験がある
という方は結構多いようですね。

代表的なドアの種類としては
「引き戸・折れ戸・開き戸」の
3種類がありますが、
それぞれどのようなメリットや
デメリットがあるのでしょうか?

ということで、今回はお風呂のドアの
種類や特徴、掃除のメリットが高さなどについて
ご紹介していきたいと思います。

【お風呂のドア】引き戸・折れ戸・開き戸のメリット・デメリット

さて、まずはじめにお風呂のドアの種類として
代表的な「引き戸・折れ戸・開き戸」
それぞれのメリット・デメリットについて
ご紹介していきます。

■引き戸のメリット・デメリット

引き戸は横にスライドさせるタイプのドアになります。

引き戸の最大のメリットとしては
ドアを開けた際に生じるデッドスペースが
ないということになるでしょう。

例えば、開き戸の場合だとドアを開けた際に
開く分のスペースが必要となってしまうので、
その部分にものを置くことが出来なくなってしまいますし、
また、浴室で倒れてしまった人を救助
しなければならくなったような場合に
ドアが邪魔になってしまう可能性もあります。

一方で、引き戸のデメリットとしては、
ドアが収まるスペースが必要になるので
ある程度の広さが必要になるということと、
レールの掃除が面倒であるということです。

■折れ戸のメリット・デメリット

折れ戸の最大のメリットは設置コストの安さと、
開いた時のデッドスペースの少なさ、
そして設置スペースが小さくても大丈夫ということでしょう。

なので、コストの安さを求める場合には
折れ戸が最もベストな選択といえます。

一方で、折れ戸のデメリットを上げるならば、
掃除が非常にしづらいということと、
見た目がスマートに見えづらいため
デザイン的に好みじゃないと思う場合があるということになります。

■開き戸のメリット・デメリット

開き戸の最大のメリットは耐久性と、
掃除のしやすさといえるでしょう。

引き戸や折れ戸と比較すると開き戸の
耐久性は高いので故障などの
心配が最も少ないドアとなります。

また、シンプルなつくりなため掃除も
他の2つと比べるとやりやすいと思います。

しかし、開き戸の場合はドアを開閉する際に
スペースが必要となってしまうことが
唯一のデメリットです。

ドアの開閉に必要なスペースに物を置くことはできませんし、
またドアを開けたら人にぶつかってしまった
ということが起こるのも開き戸です。

掃除がしやすいドアはどれ?

さて、ここまで引き戸・折れ戸・開き戸の
それぞれのメリットとデメリットについて
ご紹介してきましたが、
基本的には家族構成によって
最も使い勝手の良いドアを選ぶようになるようです。

ですが、どのタイプのドアにしたとしても
必ずしなければならなくなるのが「掃除」です。

浴室は湿度が高いですし水垢や
洗剤汚れなどができやすく、
カビも発生してしまいやすい場所です。

というわけで、最も掃除、つまりお手入れが
やりやすいドアはどれなのでしょうか?

最も掃除がしやすいのは開き戸となるでしょう。

開き戸の場合はレールがないため
ゴミや汚れがたまりにくいといえます。

その点引き戸や折れ戸はレールが付いている分
そこにゴミや汚れがたまりやすいですよね。

まとめ

今回はお風呂の引き戸・折れ戸・開き戸、
それぞれのメリットやデメリット、
そして掃除がしやすいドアはどれなのか
ということについてご紹介しました。

どのタイプにもメリットとデメリットがありますので、
選ぶ際には自分の生活に合わせてみて
最も使い勝手が良いタイプのドアを選ぶことが大切です。

もし、お風呂場のドアをどれにするか迷われているという場合は
ぜひ今回ご紹介したことを参考にして
ベストな選択をされてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください