妊娠中おすすめのキシリトールガムはどれ?アスパルテームの影響は?

妊娠中にキシリトールガムを食べても良いか
気になっている方も少なくないようですが、
その理由はアステルパームなどの
人工甘味料が使用されているからですよね。

カロリーオフやシュガーレス、ノンシュガーなど
よく見かける表示がされている食品には
必ずと言っていいほど使われている人工甘味料ですが、
人工甘味料を摂取することでの
赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?

ということで、今回は妊娠中におすすめの
キシリトールガムはどれなのかということについてや
アステルパームなどの人工甘味料が及ぼす
赤ちゃんへの影響などについて
ご紹介していきたいと思います。

妊娠中にキシリトールガムを食べるメリットとデメリット!

妊娠中にキシリトールガムを食べてもよいか
どうかということについて触れる前に
そもそも妊娠中にキシリトールガムを食べると
どのようなメリットとデメリットがあるのか
ということについて軽く触れておきますね。

■妊娠中キシリトールガムを食べるメリット

  1. ママさん・赤ちゃんの虫歯予防につながる
  2. ストレス解消になる
  3. 唾液が分泌が促進され消化吸収がよくなる
  4. 満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防げる

妊娠中にキシリトールガムを食べると
上記のようなメリットがあるのですが、
妊娠中にキシリトールガムを噛むと
赤ちゃんの虫歯菌感染率が低下した
という驚きの研究データがあるそうです。

妊娠中だとつわりなどで歯磨きがしっかり出来ない時も
出てきてしまうかとおもいますが、
歯磨きが十分にできないとママさんも虫歯になりやすくなりますし
間接的に赤ちゃんも虫歯菌に感染させてしまう
可能性が出てきてしまうので注意が必要ということなんですね。

ただ、そういった歯磨きが十分に出来ないような場合に
キシリトールガムを噛むことで
ママさんと赤ちゃんの虫歯予防が出来たり
唾液がたくさん分泌されて口の中で
雑菌が増殖してしまうことを防ぐことができるので、
妊娠中にキシリトールガムを食べるということは
ママさんにとっても赤ちゃんにとっても
メリットが大きいといえそうです。

■妊娠中キシリトールガムを食べるデメリット

さて、ここまでは妊娠中にキシリトールガムを食べる
メリットについてご紹介しましたが、
一方でデメリットはないのでしょうか?

  1. キシリトールの取り過ぎは下痢や腹痛を引き起こす可能性がある
  2. アステルパームが入っているものだと胎児に影響が出る可能性がある
  3. キシリトールガムだけで虫歯になるのを防ぐことはできない

ということで、
妊娠中にキシリトールガムを食べると
デメリットもいくつか考えられるのですが、
気になるのは「アステルパーム」という
人工甘味料の影響ではないでしょうか?

アステルパームの影響について

アステルパームはフェニルアラニンと
アスパラギン酸を結合させることで
生成される人工甘味料のことですが、
カロリーが砂糖の100分の1ほどしかなく
砂糖とは違ったものであるために
カロリーオフやシュガーレス、ノンシュガーと
表記されている食品に多く使用されています。

ただ、このアステルパームについて調べてみると、
「摂取しない方が良い」という風な
意見も多く見受けられ、
妊娠中のママさんが摂取しても大丈夫なのか?
と不安になっているケースも少なくありません。

現段階の結論から言うと、
アステルパームを摂取したからといって
必ずしも胎児に影響が及ぶとはいえないのですが、
フェニルケトン尿症という先天性の病気を
赤ちゃんが持っていた場合には
アステルパームを摂取することで
赤ちゃんの脳にダメージを与えてしまう
可能性があり注意が必要だそうです。

もちろん可能性としては極めて低いのですが、
万が一あなたの赤ちゃんがフェニルケトン尿症を
持っていたとしたらアステルパームが
悪影響を及ぼしてしまうわけですので、
妊娠中はアステルパームを摂取しないようにした方が
無難といえるのではないかとおもいます。

妊娠中おすすめのキシリトールガムはどれ?

さて、ここまでは妊娠中にキシリトールガムを
食べるメリットデメリットについてご紹介してきましたが、
最後に妊娠中におすすめのキシリトールガムは
どれなのかということについてご紹介したいと思います。

繰り返しになりますが、
妊娠中におすすめできるキシリトールガムの
基準としては「アステルパーム」などの
疑わしい成分が使用されていない
ということがキーポイントになると思いますので、
それを元に選ぶとするならば、
キシリトール100%のガムが最も安心で安全だといえるでしょう。

市販されているキシリトールガムだと、
キシリトール以外に人工甘味料が使用されているので、
先程のようなリスクが生じてしまうわけですが、
キシリトール100%ガムであれば、
そういった人工甘味料の影響を心配する必要がないのですね。

まとめ

今回は妊娠中におすすめのキシリトールガムは
どれなのかということや、
妊娠中にキシリトールガムを食べる
メリットデメリット、
そしてアステルパームの影響についてご紹介しました。

アステルパームについては専門家でも
意見が分かれることが多く
まだまだ分かっていないことが多いものになりますので、
妊娠中にはあまり口にしない方が
無難ではないかとおもいます。

また、キシリトールが100%使用されている
ガムであれば赤ちゃんにも影響がありませんので安心ですね。
ただキシリトールガムは食べ過ぎると
下痢や腹痛になってしまうので、
その点だけ気をつけてください^^

キシリトールガムを食べ過ぎると下痢や腹痛になる理由!

ということで、妊娠中の方はぜひ参考にされてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください