練り飴の食べ方は白くなるまで練る?なぜ練るのか理由が知りたい!

昔懐かしい駄菓子を食べる機会というのも
たまにあるものですよね。

というのも、この間練り飴を食べたのですが、
あの割り箸で練って食べるあの感覚を
◯年ぶりに楽しんだところなんですが…(笑)
どうして練り飴は練ってから食べるんでしょうか?

その理由について気になっている人も多いみたいですね。
また練り飴のおいしい食べ方はあるのでしょうか?

ということで、今回は練り飴について
いろいろとご紹介していきたいと思います。

練り飴はなぜ練るの?その理由とは?

小さい頃に練り飴を食べる時に
「練り飴はよく練ってから食べると美味しいよ!」
といわれたことがあったのですが、
どうしてよく練ると練り飴が美味しくなるのか
その理由については教えてくれませんでした(^_^;)

というわけで、練り飴はなぜ練るのか
その理由について早速調べてみたのですが、
いくつか理由があるようで…

まず理由の1つ目は練らないとすぐに練り飴が
固くなってしまって練り直すのが大変になってしまったり
練らないと飴が柔らかすぎてすぐに垂れ落ちてしまうことがあるから。
2つ目の理由は練ることで飴が空気を含んで
口当たりがよくなるからということになります。

なので、練り飴は名前のとおりですが
よく練って食べるとおいしく
そして食べやすくなるため
練ってから食べるものということなんですね。

練り飴のおいしい食べ方のコツは白くなるまで練る!

さて、ここまでは練り飴はどうして練ってから
食べるのかということについてご紹介しましたが、
ここからは練り飴のおいしい食べ方のコツについて
ご紹介していきたいと思います。

練り飴を練る理由については先程ご紹介した通りで、
練ることで飴が空気を含むと口当たりがよくなり
美味しく食べられるということなんですが、
「じゃあどれくらい練れば良いの?」
と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

練り飴が最もおいしく食べられるのは
練り飴が白くなるまで練れている状態といわれていますので、
練り飴を練って白くなった所を食べるようにすると良いでしょう。

【メリー】当たり付きねりあめ

まとめ

今回は練り飴はなぜ練るのかという理由や
練り飴のおいしい食べ方になどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

練り飴は練れば練るほど美味しくなるというわけではありませんが、
白くなるまでよく練ってから食べるようにすると良いですよ^^

また、練り飴は最近売ってない場所も多いようなので、
確実に手に入れたいという場合は
インターネットの通販からの方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください