生焼けのクッキーを食べると腹痛になる理由!生焼けの見分け方とは?

手作りクッキー作りを楽しんでいる方は
多いかと思いますが、
そんな手作りクッキーの焼き加減はとても重要です。

なぜなら生焼けのクッキーを食べてしまうと
腹痛になる原因となってしまうからなのですが、
一体どうして生焼けのクッキーを食べると
腹痛になってしまうのでしょうか?

また、クッキーがちゃんと焼けているか
生焼けか見分ける方法はあるのでしょうか?

ということで、今回は生焼けクッキーのあれこれ
についてご紹介していきたいと思います。

生焼けクッキーを食べると腹痛になる理由

生焼けクッキーを食べてお腹を壊したり
腹痛になってしまったという
経験をお持ちの方は少なくないようですが、
一体なぜ生焼けクッキーを食べると
お腹の不調が引き起こされてしまうのでしょうか?

結論からいってしまうと、
生焼けの小麦粉はとても消化されづらく
腸で吸収されないばかりか、
下手をするとでんぷんの粒子が腸壁を
刺激してしまうという可能性があるからになります。

なので、生焼けクッキーを食べてしまうと
お腹の調子が悪くなってしまうのですが、
そもそも小麦粉は水を加え、加熱することで
人の体が消化しやすい「αでんぷん」になるのですが、
生焼けの状態だと消化されづらい
「βでんぷん」となってしまうので、
クッキーを作る場合は生地をしっかりと
加熱して全体を「αでんぷん」の状態に
してから口にいれるということが大切なんですね^^

クッキーに火が通っているか生焼けかの見分け方

さて、ここまでは生焼けクッキーを食べると
腹痛になってしまう理由についてご紹介しましたが、
クッキーにちゃんと火が通っているか
それとも生焼けかを見分けるには
どのような判断基準に照らし合わせれば良いのでしょうか?

生地が生焼けかどうかを見分ける
判断のポイントは
焼き上がりのクッキーを食べてみて
生の状態の生地の味がしていたり
なんかしっとりした感じが
部分的に残っている場合は生焼けで、
ちゃんとサクッとした食感しかなく
香ばしい味わいだった時は
火が通っていると判断しましょう。

よく表面はこんがり焼けていても
中に火が通っていなくて生焼けという場合があるので
もし生の生地の味が残っていた場合には
再度オーブンで焼き直しをして
ちゃんと火が通してから食べるようにしてくださいね。

まとめ

今回は生焼けクッキーを食べると腹痛になる理由や
クッキーに火が通っているか生焼けかの見分け方
などについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

手作りクッキーを作る時は
しっかりと生地に火が通るまで焼き上げてから
食べるというふうにしないと
お腹を壊してしまう原因となってしまうので注意が必要なんですね。

ただ、火を通し過ぎて
逆にクッキーを焦がしてしまわないように
気をつけましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください