メジャーリーガーが試合中ピンクのガムを噛むのはなぜ?メジャーリーグ

日本には野球ファンが多いので、
知らない人とも野球の話で
意気投合できたなんて経験を
お持ちの方も少なくないようですが、
野球の本場ともいわれるメジャーリーグ
(大リーグ)にも多くの日本人選手がいるので、
テレビの衛星放送で日本人の活躍を
見ているという方も多いのではないでしょうか?

ただ、メジャーリーグを見ていると
試合中にも関わらずメジャーリーガーは
口にピンクのガムを含みクチャクチャと
噛んでいる姿が映像に映ることが結構ありますよね。

日本では見られない光景ですし、
試合中にガムを噛むなんて…と
思わず眉をひそめる方も少なくないかもしれませんが、
一体どうしてメジャーリーガーは試合中に
ガムを噛んでいるのでしょうか?

メジャーリーガーが試合中ピンクのガムを噛むのはなぜ?【メジャーリーグ】

メジャーリーグ(大リーグ)を見ていると、
ベンチでガムをクチャクチャ噛んでいたり、
風船ガムにしていたりという光景を目にすることがありますが、
これに対して「試合中なのにガムを噛んでいいの?」と
疑問に思われる方も少なくないようです。

ということで、どうしてメジャーリーガーが試合中に
ガムを噛んでいるのかということについて調べてみたのですが、
メジャーリーガーがガムを噛む理由は、

  1. 集中力が高まるから
  2. 緊張がほぐれるから(リラックスできる)
  3. 運動機能が維持できるから

この3つの理由が主なものとなっているようです。

野球選手というと、バッターボックスに入るまでは
待っている状況が長いですので、
待っている時にいかに集中力や運動機能を
高い状態でキープできるかということが
打率や成績に大きく関わってくるといえますが、
何もしないでじっと待っているだけだと
集中力も続かなくなってしまいますし、
どんどん緊張していってしまうので、
打席に入った時に力を発揮することができなくなってしまう
ということになってしまう可能性が高くなります。

つまり、そうしたことを防ぐために
ガムを噛んでいるというわけなのですが、
そう考えると野球選手がガムを噛むのも
納得することができるのではないでしょうか?

ただ、日本では試合中にガムを噛むのは
マナー的にNGになっている球団が多いので、
日本野球だとガムを噛んでいる選手は
あまり目にすることがないようです。

メジャーリーガーが噛んでいるあのピンクのガムの正体は?

さて、ここまではメジャーリーガーが試合中に
ガムを噛むのはなぜなのかということについてご紹介しましたが、
メジャーリーガーが噛んでいるガムといえば
ピンクのガムというイメージを持っていませんか?

そこで、メジャーリーガーが噛んでいるあのピンクのガムの
正体について探ってみたのですが、
ダブルバブルガムというガムのようですね^^

ダブルバブルガム

ちなみにダブルバブルガムはアメリカで
85年以上愛されているガムだそうですので
日本でいうところの駄菓子のような感覚のガムのようです。

そんなガムをメジャーリーガーが愛用している
というのもなんだがすごいですが、
ダブルバブルガムでメジャーリーガーの気分になりながら
中継を観戦するというのも楽しいかもしれませんね^^

まとめ

今回はメジャーリーガーが試合中にピンクの
ガムを噛むのはなぜなのかということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

待ち時間が長い野球選手だからこそ
そういった時間の過ごし方が
成績に大きく影響してくるわけですが、
その待ち時間を上手く過ごすための
お伴にガムが最適だったというわけなんですね。

ということで、私たちも待ち時間が長い時には
ガムを食べるようにすると良いかもしれませんね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください