窓の木枠が結露してカビが生えた!カビ取りの方法や結露の防止策!

木のぬくもりが感じられる家っていいですよね^^
あたたかみがあって落ち着いた感じがして、
まさに一生ものという感じですが、
そんな木の弱点をあえて上げるとするならば、
結露するとカビが生えやすくなってしまうということではないでしょうか?

事実、いろいろな所で
「窓の木枠が結露してカビが生えてしまったのですがどうしたら良いですか?」
というような質問をされている人の姿を多く見かけます。

そこで、今回は窓の木枠が結露して生えたカビを取る方法や
結露の防止策などについてご紹介していきたいと思います。

窓の木枠が結露して出来たカビを取る方法

日本は夏場湿度が高いですし、
冬は部屋の中と外の気温の差によって
結露が生じやすくカビが生えやすい
気候の国といえるかもしれません。

特に窓枠の周辺は結露しやすいため
木枠の窓であるという場合には
少し油断すると黒や緑のカビが生えてしまう
なんてことも結構多くあります。

もちろん、カビが生えてしまった場合には
取らなければならないですよね。

カビは胞子を出しているのですが、
その胞子を吸い込んでしまうと
喘息やアレルギーなどの健康被害が
引き起こされてしまう原因にもなりかねません。

では、窓の木枠に出来てしまったカビは
どのようにすれば取ることが出来るのでしょうか?
というわけでカビ取りの方法について
いくつかご紹介していきたいと思います。

※カビ取りを行う際には必ずゴム手袋か
ビニール手袋、マスクを着用して
充分に換気しながら作業をされてくださいね。

■方法1,カビ取り剤で除去

まず、最もベターのカビ取りの方法として
市販されているカビ取り剤を使って除去するという方法があります。

具体的な手順としては、
カビ取り剤を布に付けてカビが生えている箇所を拭くようにします。

また、カビが大量に発生してしまっている場合などは
ブラシなどを使って木の木目に逆らわずに
優しく傷つけないようにこするようにしましょう。

ちなみに、カビ取り剤を木につけると木が色落ちして
変色してしまう可能性があるので、
はじめに目立たない箇所で色落ちしないかどうか
確かめてから行うようにすると良いとおもいます。

■方法2,オスバンSで除去

さて、2つ目にご紹介するカビ取り方法は
「オスバンS(塩化ベンザルコニウム)」を使って
カビを除去する方法になりますが、
オスバンSを使用する場合には赤ちゃんや
小さいお子さんがいない場合に限りますので
その点だけ注意してください。

オスバンSは非常に強力な消毒効果や抗菌作用があるので、
カビを取るだけでなく予防するという効果も期待することができます。

また値段も手頃ですし薄めて使用することもあって
かなり経済的という点も優れているポイントになります。

■方法3,高圧スチーマーで除去

高圧スチーマーというと、台所の油汚れやトイレ、
窓ガラスなどの掃除に使用するものという
イメージを持たれている方も多いかもしれませんが、
高圧スチーマーは窓の木枠にできてしまった
カビ取りにも使用することができる
お掃除のまさに万能アイテムです!

値段もかなり安いので個人的には1家に1台は
あったほうが良いと思いますが、
高圧スチーマーに付属しているブラシで
こするようにするとカビを落とすことが出来ます。

また、スチームによる除菌効果や殺菌効果もあるので
カビの予防にも有効に働いてくれます。

高温・高圧スチームクリーナー

木枠窓の結露の防止策

さて、ここまでは窓の木枠のカビ取り方法について
いくつかご紹介してきましたが、
木枠窓にカビが生えてしまう大本の原因である
「結露」を防止しないかぎり
半永久的にカビは取っても取ってもなかなかなくならない…
というような状態になってしまう可能性が高いです。

どうすれば木枠窓の結露を防止することができるのでしょうか?

いくつか結露を防止するためのポイントがありますので
ご紹介すると、

  1. 窓を薄く開けて風通しを良くする
  2. 窓に水滴があればこまめに拭き取るようにする
  3. 窓の周辺に大きな家具を置いて窓を塞がない
  4. 部屋の湿気を取り除く(エアコン・除湿機)

このようなポイントが上げられます。

窓の結露を防止することができれば、
木枠にカビが生えてしまう頻度は少なくなるので、
お手入れも時々で済むようになるでしょう。

なので、普段から窓が結露してしまわないように
目を光らせておくようにすると良いとおもいます^^

まとめ

今回は窓の木枠が結露してできたカビを取る方法や
結露を防止する方法についてご紹介しました。

窓だけでなくお風呂場などの湿度が高くなりやすい
場所で発生しやすいカビですが、
カビは一度発生してしまうと除去するのが大変なので
普段からカビ対策をしっかりと行うようにすることが大切です。

お風呂場の落ちないカビの落とす3つの秘策!

いろいろとカビ対策をこまめに行うのは面倒くさく
思えるかもしれませんが、
逆にカビ対策を行わずに放置してしまい、
カビが悪化してしまってから掃除するほうが
よほど大変だとおもいますので、
個人的には普段のカビ対策をしっかり行った方が良いとおもいます。

ということで、窓の木枠のカビでお悩みの場合は
ぜひ今回の記事を参考にされてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください