夜窓開けっぱなしで寝ると風邪をひく?虫が入るし防犯上も良くない?

みなさんは夜寝る時に窓を開けっ放しに
することはありますでしょうか?

窓を開けっ放しにすると風邪をひいてしまったり、
虫が入ってきたり、防犯上良くないと言われていたり、
いろいろなデメリットが取り上げられることが多いですが、
窓を開けっ放しで寝るのはどのような問題点があるのでしょうか?

ということで、今回は夜窓を開けっ放しにすると
どのような問題があるのかということについて
ご紹介していきたいと思います。

夜窓開けっ放しで寝ると風邪をひく?虫が入るし防犯上良くない?

夜窓を開けっ放しにして寝るのはいろいろな
デメリットが取り上げられます。

例えば、防犯上の問題です。

窓を開けっ放しにしていれば寝ている間に
不審者に侵入されてしまうリスクが高まりますので
窓を開けっ放しにして寝るのはNGというわけですね。

また、虫も入り込んできやすくなってしまうので
虫が嫌いとか、虫に刺されたくないという場合にも
やはり窓を開けっ放しにしない方が良いでしょう。

さてさて、窓を開けっ放しにして寝るとよく風邪をひいてしまう
なんて人も多いようですがこれは一体なぜなのでしょうか?

実は、冷たい外の空気は鼻や喉の粘膜を
乾燥させてしまうため細菌に感染するリスクが
高くなってしまうので、
風邪などにかかりやすくなってしまいます。

なので、窓を開けっ放しにして寝ると風邪を
ひきやすいという場合には、
窓を閉めて寝るようにした方が
風邪をひいて後悔するということがなくなるでしょう。

夜窓を開けっ放しで寝るのは避けた方が無難

さて、ここまで夜窓を開けっ放しにして寝ると
様々なデメリットがあるということについて
ご紹介してきましたが、以上の理由から
夜窓を開けっ放しにして寝るのは避けた方が無難である
ということが言えると思います。

もちろんマンションの上層階に住んでいるのであれば
窓を開けっ放しにしていたとしても
不審者に侵入されてしまう恐れは少ないかもしれませんが、
それでも何があるか分からないから
とりあえず閉めるようにするという方が良いと思います。

もちろん、住んでいる地域によっても
事情は異なるところだと思いますが、
リスクマネジメントを徹底するのであれば、
多少窓を開けっ放しにして寝るリスクについて
一度考えてみたり家族と話合ってみるのも良いかもしれません。

まとめ

今回は夜窓を開けっ放しで寝るとどのような
デメリットがあるのかということについて
いろいろとご紹介しました。

窓を開けっ放しで寝ているという方も少なくありませんが、
一般的に考えると窓は閉めて寝るというのがベターです。

また、ご紹介したように窓を開けっ放しで寝ると
風邪をひきやすくなってしまうということがあるので
そうした面でも窓を閉めて寝るというのは
体調管理面でも有効な手段になっているといるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください