車の窓ガラス(ウィンドウ)のウロコ取り!しつこいウロコの除去方法!

車の窓(ウィンドウ)がピカピカだと
見た目も視界も良くなるので、
こまめに窓をキレイにしているという方も多いと思います。

ですが、よく見てみるとウロコのような
油膜が残ってしまっていませんか?

車の窓にできるウロコは普通に洗うだけでは
なかなか取ることができないので
放置してしまっているという方も少なくありませんが、
どうすればこのウロコを取ることができるのでしょうか?

ということで、今回は車の窓(ウィンドウ)の
うろこ取りの方法についてご紹介していきたいと思います。

車の窓(ウィンドウ)のうろこ取り!しつこいウロコの除去方法

はじめに断っておかなければならないのが
車の窓のうろこを取るのは結構大変な作業になる
可能性があるということです。

いろいろと、うろこを除去するために出来る
方法はありますが、どの方法が効くかは
やってみなければ分かりませんし、
もしかしたらどれも効果が今ひとつだった…
なんてことになってしまう可能性もあります。

ただ、うろこを取った方はこれからご紹介する方法を
ひとつひとつ試してみてその結果落とすことが出来た
というケースが多いのも事実なので、
もし車の窓のうろこを落としたいという場合は
ここからご紹介する方法を参考にされてみてください。

1,キイロビンで磨く

油膜取りといえば「キイロビン」と言われる程
有名な商品ですが、キイロビンで窓のうろこが取れた
というケースもあるようです。

値段も手頃な価格で手に入れることができるので、
まずはキイロビンで磨いてみて
うろこが取れるかどうか確かめてみましょう。

ちなみに、キイロビンに含まれている「酸化セリウム」
という成分がうろこに効果的です。

2,ボンスターで磨く

キッチン周りや鍋磨きによく使われるボンスターですが、
このボンスターを使うとうろこが取れる可能性があります。

ただ、ボンスターを使う場合には注意点があって、

  1. 水を流しながら使用すること
  2. 力を入れないで優しく磨くこと

この2つの点を守らなければなりません。

でないとウィンドウを傷つけてしまう場合があるので、
ボンスターを使う場合にはとにかく優しく
ガラスに負担をかけないようにすることが大切です。

3,ウロコ取りクリーナーで磨く

今ではウロコ取り専用のクリーナーがあるようなので
こういったアイテムを使用するのも良いでしょう。

カー用品店に行けばだいたい置いてあるかと思います。

4,業者に依頼する or 交換する

車の窓(ウィンドウ)のうろこがどうしても取れない…
という場合には最終手段として業者に依頼してみたり、
車の窓を新しいものに交換してしまう方法があります。

最初からこの方法が使える場合には、
使ってしまった方が早いのかもしれませんが、
ここまでいろいろやってみたけれどダメだったけれど
どうしてもうろこがない窓ガラスにしたい!
という場合には業者に依頼した方が良いと思います。

まとめ

今回は車の窓(ウィンドウ)のうろこ取りの方法について
いろいろとご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

正直、うろこを取るのはかなり手間がかかりますし、
もしかしたら自分では落とせない可能性もあるので
予め覚悟を決めて取り掛かるようにしましょう。

そして、もし自分でうろこが取れないようであれば
諦めるか、諦められないのであれば業者に依頼して
取ってもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください