子供が口呼吸する原因とは?子供の口呼吸を矯正するにはガムがいい?

「子供の口呼吸を矯正したいのですが、
何か良い方法はないのでしょうか…」

このようなお悩みを抱えている
親御さんも少なくないようですね。

いつも口がポカンと開いてしまっていると
なんだか格好悪い、だからやめさせたい
と思ってしまうのは親心として
正常なものだと思いますが、
そもそもどうして子供は口呼吸してしまうのでしょうか?

ということで、今回は子供が口呼吸してしまう原因や
口呼吸を矯正する方法などについて
ご紹介していきたいと思います。

子供が口呼吸する原因とは?

子供の口呼吸を矯正したいと思われている
親御さんも少なくないようですが、
どうして子供は口呼吸してしまうのでしょうか?

1,鼻が詰まっているから

子供は大人に比べると鼻の気道が狭いので、
どうしても鼻が詰まってしまいやすく
鼻が詰まると鼻呼吸が出来なくなってしまうため
口呼吸になってしまうことになります。

2,口を閉じる筋力が弱いから

子供は筋力も未発達ですので、
口を閉じる力も大人に比べると弱く
それによって口がポカンと
開いてしまう場合があるようです。

子供の口呼吸を矯正するにはガムがいい?

さて、ここまでは子供が口呼吸する原因には
どのようなものがあるのかということについて
ご紹介してきましたが、
口呼吸にはたくさんのデメリットがあるので
できるだけ早く矯正した方が良いでしょう。

というのも、
口呼吸をすると唾液が蒸発してしまうため
口の中が乾燥しやすくなり、
風邪などの菌に感染しやすくなったり、
虫歯になりやすくなってしまったり、
口臭が発生したりという可能性があるからです。

では、子供の口呼吸を矯正するためには
どうすれば良いのでしょうか?

これについて調べてみると、
顎の筋力を鍛えられる上に、
鼻呼吸の練習をさせられるということで、
ガムを噛ませるようにすると良いみたいです。

・何歳から子供にガムを食べさせていいの?

また、年齢的にまだガムを与えられない場合には
口の周りの口輪筋という筋肉を鍛えるようにすると良いでしょう。
例えば、おしゃぶりをくわえさせるという方法があります。

【フィリップス】BPAフリーおしゃぶり

治らない場合は何科に行けばいいの?

子供の口呼吸を矯正しようとしても
なかなか治らない…

そんな場合は
「病院に連れて行った方が良いのかしら?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
子供の口呼吸を矯正したい場合には
何科の病院に行けば良いのでしょうか?

これは、小児科や耳鼻咽喉科、歯科のいずれかを
受診するようにすると良いかと思います。

まとめ

今回は子供が口呼吸する原因や
子供の口呼吸を矯正するための方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

口呼吸をしてしまうと細菌やウイルスに
感染してしまうリスクが高まりますし、
見た目もよくありませんので、
できるだけ早く鼻呼吸に矯正してあげた方が良いでしょう。

ということで、子供の口呼吸でお悩みの場合は
今回ご紹介した事を参考にされてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください