子供のグミは何歳から?食べさせても良いか迷ってしまう場合は…

子供が好きなお菓子の代表にグミがあると思いますが、
グミをあげ始めるタイミングは何歳からなのか
ということについて迷っている親御さんも多いのではないでしょうか?

お菓子は虫歯の原因になってしまったり、
肥満や食べ方が分からず喉につまらせてしまう
などのリスクも考えられるので
安易にグミを食べさせてしまうというのは
どうしても抵抗感があるのでしょう。

そこで、今回は子供のグミは何歳から
食べさせるようにすると良いのか
ということについて考えていきたいと思います。

子供のグミは何歳から?

子供にグミを食べさせようかと思った時には
子供に乳歯が全て生えそろっていて
よくかんで食べることができるようになっており、
また親の言うことをちゃんと聞けるように
なっている段階からが最も安心だと思います。

グミはよく噛んでから飲み込まないと
喉につまらせてしまう危険があるので
「よく噛んでから飲み込むんだよ」と言って
子供が分かったというような素振りがなければ
与えるのは避けた方が良いかもしれません。

また、はじめてグミを食べさせてみる場合は
グミを手で小さくちぎって
飲み込みやすい大きさにしてから
食べさせるようにすればより安心です。

なので、子供にグミは何歳から食べさせても大丈夫か
といわれると何歳からとはいえないのですが、

  • 乳歯が生えそろっている
  • よく噛んで食物を食べることができる
  • 親の言うことを理解できる

というような事をクリアしている場合は
親御さんがそばにいる状態であれば
グミを食べさせてみても良いのではないかと思います。

グミを食べさせるかどうか迷った時は…

さて、ここまでは子供にグミを食べさせるのは
何歳からが良いのかということについてご紹介しましたが、
はじめて子供にグミを食べさせようとする時は
あげるべきかもう少し待つべきか迷ってしまう
という事もあるかもしれません。

もし、グミを食べさせるかどうか迷ってしまうという場合は
とりあえず、もう少しグミを食べさせるのを待つように
した方が良いのではないでしょうか?

子供が成長していけば自然とグミを
自分でよく噛んで食べられるようになっていくので
そうやって安心してグミを与えられるようになってから
グミを食べさせるという方が安心ですよね。

また、子供の味覚が形成されて出来上がるのは
3歳頃といわれていますが、
味覚が未発達な状態でグミのように甘さが強いお菓子を
食べさせてしまうと味覚の形成に影響を与えてしまう可能性があるため
グミは3歳以降に与え始めるようにするという方も多いみたいです。

・赤ちゃんにチョコレートを食べさせるのがダメな理由とは?

まとめ

今回は子供のグミは何歳から食べさせるようにすれば
良いのかということについてご紹介しました。

結論をいうと、よく噛んで食べられるようになってから
ということになるのですが、
いずれにしてもグミのように喉につまりやすいような
食物を与える場合は親御さんが近くで
見守ってあげることが大切だと思います。

また、グミをあげてしまうと買い物のたびに
ねだられるようになるので
そういった事も考えておくと良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする