片側1・2車線の道路幅は違う?片側2車線の道路を右折するのはNG?

「片側2車線の道路って片側1車線の道路よりも
幅が広くなっているような気がするのですが、
片側1車線と2車線の道路幅は違っているのでしょうか?

また、片側2車線の道路を右折するのは危険な気がするのですが、
道路交通法上問題はないのでしょうか?」

ということで、今回は片側1車線の道路と
片側2車線の道路の違いなどについての
疑問が届いたのでこれについて解説していきたいと思うのですが、
こうした細かい情報を知っているのと知らないのでは
危機管理意識にかなり差がついてしまうので
ぜひ覚えておきたいですよね。

片側1車線と2車線の道路幅は違うの?

「素朴な疑問かもしれませんが、
片側1車線の道路よりも片側2車線の道路の方が
1車線の幅が広い気がするんですよね…
実際はどうなんでしょうか?」

というような疑問を持っている方も少なくないのですが、
実際に片側2車線の方が1車線の幅が広くなっています。

そもそも、車の最大幅は2.5Mとなっていますが、
それにともない道路の最低幅も2.75Mと定められています。

交通量の多い道路などでは道路幅を広くすることで
事故の発生を抑制することが期待されるので、
片側2車線などの交通量が多い道路では
ほとんどが3.25Mと広めの道路幅になるようで、
一般的な片側1車線の道路では
3Mになっていることが多いようです。

ただ、古い道路だと最低幅である2.75Mの場所もあるようですが、
そうした細い場所は通るとすぐに分かると思います(笑)

ちなみに高速道路だと1車線の幅は3.5Mになっているので
ぜひ照らし合わせながら今度車を走らせてみて下さい^^

片側2車線の道路を右折するのは問題ない?

さて、ここまでは道路の幅についてご紹介しましたが、
次にご紹介していきたいのは・・・

「片側2車線の道路を右折するのは問題ないのか?」

ということです。

片側2車線の道路は交通量も多く、
道路幅も広くなっているために
片側1車線の道路に比べると道路を横断して
右折するのが危険な感じがするかと思いますし、
実際片側2車線の道路を横断して右折する車が
いた場合には「えっ!?」とビックリしてしまうかもしれませんが、
基本的には片側2車線の道路を右折するのは問題ありません

問題はありませんが、
交通量が多い場所では後続車をせき止めてしまうので
迷惑をかけてしまう場合がありますし、
対向車がいなくなるまで停車して待つ場合には
なるべくセンターラインによって左側に
スペースを開けるようにするのがマナーですね。

ちなみに、車両横断禁止の表示が出ている道路では
道路を横断することができませんので、
片側2車線の道路に限らず右折して横断したい場合には
そうした禁止表示が出ていないかどうかも
よく確かめた上で右折するようにしてくださいね^^

まとめ

今回は片側1車線と2車線の道路幅の違いや
片側2車線の道路を右折するのはNGなのか
ということについてご紹介してきました。

意識しておかないとスルーしてしまうような
本当に細かい疑問ではあると思いますが、
こういったところを知っているかどうかが
より大人の運転にしていってくれると思いますので
個人的にはとても大切なことだと思います^^

みなさんもぜひ参考にされてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください