海外旅行にシャンプーやリンス、化粧品を持ち込む方法!預け荷物に入れる?

海外旅行に行くときにもシャンプーやリンス、
化粧品(化粧水、乳液、クリーム)など、
普段使っている日用品を持っていきたいと
思われる方って結構多いのではないでしょうか?

しかし、これらは水分が含まれているので
「液体」という扱いになってしまうため
飛行機の機内に持ち込むことができません。

なので、「シャンプーやリンス、化粧品を
飛行機に持ち込む方法が知りたいのですがありますか?」
という疑問を持っている方も少なくありません。

ということで、今回は海外旅行にシャンプーや
リンス、化粧品を持ち込む方法について
詳しくご紹介していきたいと思います。

海外旅行の飛行機シャンプーやリンス、化粧品を持ち込む方法!

海外旅行に行く場合に気をつけなければならないのが
「液体」の取り扱いになります。

というのも、空港や飛行機のセキュリティ上
「液体」はかなり警戒されているためでして、
基本的に飛行機の中に「液体」と分類されるものを
持ち込むことはできなくなっています。

ですから、

  • シャンプー
  • リンス
  • 化粧品
  • 歯磨き粉
  • ヘアワックス
  • スプレー
  • 味噌
  • 漬物
  • 瓶詰め・缶詰 etc…

などのように少しでも水分が
含まれているものは飛行機の中に
持ち込むことができませんし、
もし手荷物の中に入っていたとしたら
その場で没収されて二度と戻ってくる
ことはありませんので気をつけましょう。

ただ、液体と分類されるものでも
機内にどうしても持ち込みたいという場合には
持ち込む方法がちゃんとありまして、
その方法というのは、

  1. 液体物を100ml以下の容器に入れる
  2. 透明なチャック付きビニール袋(20×20センチ以内)に入れる

この方法でしたら、1人1袋までなら
機内への持ち込みが許可されますので、
化粧水やハンドクリームなど持っておきたいものが
ある場合には面倒ですが用意しておくことで
飛行機の手荷物に入れて持ち込むことが可能です。

【参考】液体物の持ち込みについて(国際線)成田空港セキュリティガイド

液体は預け荷物に入れれば液体もOK

さて、ここまでは海外旅行の飛行機に液体を
持ち込む方法についてご紹介してきましたが、
機内に液体を持ち込む場合には安全である
シャンプーやリンス、化粧品だったとしても
先程ご紹介したルールを守らなければなりませんが、
預け荷物であれば、100mlを超える液体だったとしても
持ち込むことができるので、
機内に持ち込む必要がない液体物は
スーツケースに入れてチェックインカウンターで
預けてしまうようにしましょう。

ただ、このようにスーツケースに入れて
預け荷物としてチェックインカウンターで預けたとしても
持ち込むことができない液体物もありますので、
「怪しいかも?」と思うようなものがある場合には
事前に空港に確認をとっておくようにした方が良いでしょう。

【参考】量的制限の対象となる液体物のリスト

まとめ

今回は海外旅行にシャンプーやリンス、
化粧品を持ち込む方法についてご紹介しましたが、
機内持ち込みの手荷物に入れる場合と、
預け荷物に入れる場合では液体物の扱いは
大きく変わってくることがおわかり頂けたのではないでしょうか?

【海外旅行】食べ物や機内持ち込みできる??

化粧水やハンドクリームなど、
携帯しておくと便利なものに関しては
100ml以下の容器に移し替え
透明なチャック付きビニール袋に入れることで
機内にも持ち込むことができるようになるので、
事前にしっかりと用意されておくようにしてくださいね^^

また、手荷物の中に液体物がある場合には
手荷物検査の際に液体物を別トレイに分けて
手荷物検査を受けるようにすると
スムーズに通過することができるようになりますので、
テクニックの1つとして覚えておくと良いですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください