【海外旅行】国内線に乗り遅れて国際線への乗り継ぎに失敗した時が不安!

旅行会社が企画している海外旅行ツアーに
参加することを申し込んだはいいものの、
国内線を乗り継いで国際線がある空港まで
移動しなければならないという方も多いかと思います。

ここで、1つ不安に思っている方が多いのが、
国内線に乗り遅れて飛行機の乗り継ぎに失敗してしまった場合は
どうしたら良いのかということです。

例えば、自分で手配していた国内線に乗り遅れてしまい、
国際線への乗り継ぎができなくなってしまった
というような場合ですね。

ということで、今回は飛行機の乗り継ぎに失敗した時の
不安を解消するための対処法などについて
ご紹介していきたいと思います。

飛行機の乗り継ぎに失敗した体験談

私は、とある旅行会社のグアムの海外旅行ツアーに
申し込んだのですが、グアム行の飛行機が
出発するのは成田空港でした。

当時住んでいたのは北海道の千歳だったので、
千歳空港から成田空港まで格安航空(LCC)に乗って
移動する計画を立てていたのですが、
ちょうど国内線のチケットを取っていた日に
天候不良が重なってしまい
グアム行の飛行機に乗ることができなくなってしまいました。

その日、成田まで行く別の飛行機に乗れないか
空港で確認してみたのですが、
かなり高額な値段のチケットしかないと言われてしまったので、
泣く泣く海外旅行をキャンセルするしかありませんでした。

ちなみに、格安航空(LCC)でなければ
便数がたくさんあるので振替することもできた
可能性があるということを後から知り
格安航空の安いところはメリットではありますが、
こういった点ではリスクもあるなと感じました。

【海外旅行】国内線に乗り遅れて飛行機の乗り継ぎに失敗した時が不安!対処法は?

さて、先程ご紹介したように、国内線に乗り遅れて
国際線の飛行機への乗り継ぎに失敗してしまう
ということは結構起こっているようで、
こういったことについて不安に感じている方も多いようですが、
どうすれば乗り継ぎの失敗を未然に防ぐことができるのでしょうか?

1,時間に余裕を持ったスケジュールにする

飛行機を乗り継ぎする場合には時間にかなり
余裕をもたせたスケジュールを組んでおくくらいが
丁度良いということをまずは頭の中に入れておきましょう。

というのも、飛行機というのは天候に左右されて
ダイヤが変更になるという可能性がありますので、
そういったことを計算に入れることが
思わぬ乗り継ぎミスを予防するためには大切です。

ちなみに、海外旅行に行くために国内線に乗って、
それから国際線に乗り継ぐという場合には
最低でも半日以上は余裕を持っておくようにしたいですね。

2,国際線出発の前日に移動しておく

さて、1番では最低でも半日以上余裕を持っておくようにする
と書いたのですが、できれば国際線が出発する前日に
国内線で移動しておくようにするというのが理想ですね。

前日に移動することができていれば、
国際線に乗る当日慌てるという心配はほとんどありませんので、
もし、前日に移動することができるのであれば、
前日に国内線で移動されるようにしてください。

3,一般的な航空会社を利用する

ダイヤに変更がなければ格安航空(LCC)でも
問題なく乗り継ぎできるかと思いますが、
やはり飛行機のダイヤが変更にならないという保証は
どこにもありませんし、
格安航空(LCC)は遅延や欠航が少なくありませんので
できれば一般的な航空会社のチケットを
取得しておいた方が安心できるかと思います。

また、一日の発着本数も一般的な航空会社は多いので
乗り遅れたとしても次の便に振り替えが効く場合が多いという
メリットもあります。

まとめ

今回は海外旅行に行く際に国内線に乗り遅れて
国際線への乗り継ぎに失敗した時の不安へ
対処するための方法をいくつかご紹介しました。

飛行機は天候によってダイヤが変更になったり
欠航になったりという可能性があるので、
飛行機を乗り継ぎする場合には
かなり時間に余裕を持ったスケジュールを
組んでおくことが大切になります。

国際線から国際線へ乗り継ぎするという場合には
ぜひ今回ご紹介したことを参考にされて
スムーズな移動をされてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください