【海外旅行】空港は出発の何時間前に行ってチェックインするのがベスト?

海外旅行に行くとなると飛行機を使うことになるので
出国当日は空港に行ってチェックイン手続きを
行わなければなりませんよね?

ただ、このチェックイン手続きというのは
飛行機が離陸する直前ギリギリまで
できるというものではなく、
出発時刻の1時間前には打ち切られてしまいます。
(羽田空港の場合には出発時刻の40分前になります)

なので、海外旅行で飛行機に乗る場合には
空港に出発時刻よりも早く行って
チェックイン手続きを済ませておく必要がありますが、
だからといってあまりにも早く行ってしまうと
時間が開きすぎて疲れてしまうので、
海外旅行で空港に行くのは出発の何時間前くらいが
ベストなのかということについて気になっている方も
少なくないようです。

そこで、今回は海外旅行で飛行機に乗る場合、
空港には出発の何時間前に行ってチェックインすれば
良いのかということについてご紹介していきたいと思います。

【海外旅行】空港は出発の何時間前に行ってチェックインするのがベスト?

さて、冒頭でもお話しましたが、
基本的に飛行機のチェックイン手続きは
出発の1時間前までに済ませなければ
チェックインが締め切られてしまい
飛行機に乗ることが出来なくなってしまうので
この点は絶対に注意しなければなりません。

しかし、だからといってあまりにも早く空港に行って
チェックインを済ませてしまったら
長い時間をつぶさなければならなくなってしまうため
疲れてしまい、その後の旅行での体力に
悪影響を及ぼしてしまう可能性も出てきてしまいます。

なので、空港に何時間前に行ってチェックインや
手続きを行うのかというのはとても重要なのですが
出発の2時間前に空港に到着して
チェックイン手続きなどを済ませるようにしている
という人が旅慣れた人には多いようです。

例えば、空港は広いので移動する時間が必要になりますし、
チェックインカウンターが混雑していて
並ばなければならなくなってしまっていたりなどの
事態を想定するとやはり最低でも1時間程度の
ゆとりを持っておく必要はありますからね。

ただ、空港のつくりが良く分からなかったり、
飛行機に乗ったことがあまりないというような場合には
もう1時間早く空港に行って(つまり出発の3時間前)
時間にたっぷり余裕を持っておいたほうが安心かもしれません。

空港についてからの手続きの流れ・参考タイムスケジュール

さて、ここまでは空港に出発の何時間前に
行くようにすれば良いのかということについて
ご紹介してきましたが、
ここからは空港についてからやることや
手続きの流れをタイムスケジュール方式で
ご紹介していきたいとおもいますので
参考にしてみてください。

  1. 空港到着~チェックインカウンターへ:5分
  2. チェックインを行い手荷物ゲートへ:10分
  3. 出国審査を行う:5~30分
  4. 搭乗ゲートの位置を再度確認:3分
  5. 免税エリアを散策・休憩:10~30分
  6. 免税エリアから搭乗ゲートに向かう:5~20分
  7. 機内に座って離陸を待つ:出発30分前

ということで、空港で最低やることとしては
上記のようなことが上げられますが、
ラウンジでコーヒーを飲んだり、
ランチを食べたりするような場合には
さらに時間を追加する必要がありますし、
出国審査など、どれくらい時間がかかるかはっきりと
分からないところもあるので、
念には念を入れてできるだけ時間に余裕を持って
動くようすることが大切です^^

海外旅行にしていく腕時計事情とは?

まとめ

今回は海外旅行に行く場合空港には
出発の何時間前に行ってチェックインするのが
ベストなのかということなどについてご紹介しました。

普段から海外に行き慣れているという場合には
今回ご紹介した内容は当たり前に知っているはずですが、
海外旅行に行き慣れていない場合には
こうしたことを知らないという方も多いはずなので、
初歩的な部分ではありますが解説してみました。

もちろん、1つの目安としてご紹介したものなので、
すべての人にピッタリ当てはまるというものではありませんが、
旅慣れた人の場合には空港には2時間前に行くようにしていて
旅慣れていない人の場合には3時間前に行くようにすることが多いみたいなので、
もしよければ参考にされてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください