海外旅行でクレジットカードの暗証番号を忘れた時の対処法!何枚持つ?

海外旅行に行く時に便利なのが
クレジットカードですよね?

いろいろな保険が付いていたり、
盗難のリスクに備えやすかったり、
ステータスシンボルとして使えたり、
いろいろなメリットがありますが、
そんなクレジットカードの暗証番号を
あなたはしっかりと覚えていますでしょうか?

決済する時に暗証番号を聞かれて、
分からなくなって支払いができなく
なってしまった…なんてことに
なってしまったら大変!

ということで、今回は海外旅行でクレジットカードの
暗証番号を忘れてしまった時の対処法や
何枚クレジットカードを海外旅行に
持っていくべきなのかなどについて
ご紹介していきたいと思います。

海外旅行でクレジットカードの暗証番号を忘れた時の対処法

海外旅行でクレジットカードの暗証番号を
忘れてしまったら、支払いができなくなってしまうので
焦ってしまうだけでなく、
次の支払いを待つ人に迷惑をかけてしまう
というようなことにもなりかねません。

そこで、海外旅行でクレジットカードの暗証番号を
忘れてしまった時の対処法について
いくつかご紹介していきたいと思います。

1,サインにする

暗証番号が設定されているクレジットカードを
決済に使用する場合、最初に暗証番号を
求められることになると思いますが、
もし、その時にクレジットカードの暗証番号を
忘れてしまった場合には店員さんに
「サインでお願いします」と伝えましょう。

すると、暗証番号ではなく、
クレジットカードの伝票にサインをすることで
決済を完了させることができます。

2,別のクレジットカードを使う

海外旅行には複数枚のクレジットカードを
持っていくのが望ましいですが、
もし、暗証番号を忘れてしまったクレジットカード以外に
もう1枚別のクレジットカードを持っていて
そのクレジットカードの暗証番号が分かる場合には
そのクレジットカードを使って決済をしてみるのも1つの方法です。

海外旅行でクレジットカードは何枚持つべき?

さて、ここまでは海外旅行でクレジットカードの
暗証番号を忘れてしまった時の対処法について
ご紹介してきましたが、
クレジットカードは海外旅行に何枚持っていくべきか知っていますか?

といっても、先程複数枚持っていくのが望ましいと
書いたので1枚でないことは分かるかと思いますが、
正解は2枚以上になります。

というのも、クレジットカードには限度額があったり、
また、お店によって使える会社と使えない会社があるので、
何枚かクレジットカードを持っておかないと
使えなくないという可能性が出てきてしまうのです。

ちなみに、海外で導入が広く進んでいる
クレジットカード会社は「VISA」と「MasterCard」なので、
最低でもこの2つの会社のクレジットカードを
持っておきたいですね^^

また、ANAのマイルがザクザクたまる
ANAカードを持っておくと、
マイルがたくさんたまって海外旅行を
お得にすることができたり、
様々な限定サービスを受けることができるので、
もしまだ持っていないという場合には
作ってから海外旅行に出かけるとお得です♪

まとめ

今回は海外旅行でクレジットカードの
暗証番号を忘れた時の対処法や
何枚持っておくべきなのかということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

できれば、クレジットカードの暗証番号は
出国前に確認しておきたいところですが、
もし分からなくなってしまった場合には
今回ご紹介した方法で決済をすることができます。

ちなみに、クレジットカードの暗証番号は
カード裏面に書かれてある電話番号に
連絡をして本人確認をすることができれば、
郵送で暗証番号を送ってもらうことができるので、
もしカードの暗証番号が分からなくて困っている
という場合には1度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください