【海外旅行】ヘアアイロンはスーツケースに入れる?飛行機に持ち込み可?

海外旅行をする時は飛行機に乗るかと思いますが、
手荷物検査やらで引っかかってしまうものを持っていると
没収されて手元に返ってこなくなってしまいます。

なので、持っていけるものとそうでないものを
事前にしっかりと下調べしておくことが大切ですが、
今回は「ヘアアイロン」は海外旅行に持っていけるかどうか
ということについての疑問がありましたので
これについてご紹介していきたいと思います。

【海外旅行】ヘアアイロンはスーツケースに入れる?飛行機に持ち込み可?

「海外旅行にヘアアイロンを持っていきたいと
思っているのですが、スーツケースに入れれば
預け荷物として持っていくことができるのでしょうか?」

このような疑問を持っている方も多いみたいですね。

基本的にヘアアイロンは手荷物として入れて
飛行機の中に持ち込みすることもできますし、
スーツケースに入れて預けてしまってもどちらでもOKです。

「ヘアアイロンは危険物に見えるから没収されるらしい…」
というような情報もあったりするようですが、
そういったことはまずあり得ないので心配ありませんし、
万が一質問された場合にはヘアアイロンである旨を
保安官に伝えれば没収されることもありません。

ただ、飛行機の中に持ち込むことができるからといって
ヘアアイロンを飛行機に乗っている時に使うことはないと思いますので、
スーツケースに入れて預け荷物として
チェックインカウンターで預けるのがおすすめです。

ちなみに、ヘアアイロンでも持ち込み出来なかったり、
制限があるものがありますのでご紹介していきますと…

まずガスタイプのヘアアイロンになります。
ガスタイプのヘアアイロンも手荷物で機内持ち込みしても
預け荷物として預けてしまってもOKですが、
1人1個までしか持ち込むことができない個数制限があるのと
手荷物に入れる場合には液体物袋に入れる必要があるので、
液体物袋を事前に準備しておく必要があります。

液体物袋の作り方【成田空港HP】

また、リチウムイオン電池が付いた充電式ヘアアイロンは
リチウムイオン電池を取り外すことができる
タイプのものだけ持ち込みOKとなります。
充電池が取り外せないタイプのヘアアイロンは
持ち込み不可となっているので気をつけてくださいね。

また、不安な場合には空港に直接問い合わせを入れて
確認しておくようにすると良いかと思います。

海外でヘアアイロンを使用するときは電圧に注意!

さて、ヘアアイロンを海外旅行に持ち込みするための
ポイントなどについてここまでご紹介してきましたが、
ここからは海外でヘアアイロンを使用する時の注意点について
補足していきたいとおもいます。

というのも、日本の電圧と海外の電圧は違っていることが多いため
日本向けに作られているヘアアイロンだと
海外の電圧が高かった場合発熱が大きくなり過ぎて
故障の原因になってしまう可能性があるのです。

もちろん海外対応しているヘアアイロンもありますが、
今持っていこうと考えているヘアアイロンが
どの電圧に対応しているのかによって
海外で安心して使えるのかどうか変わってくるので
ヘアアイロンの電圧と行く国の電圧について確認しておきましょう。

もし、海外の電圧に対応していない場合には
「変圧器」を使用すれば海外でも問題なく使うことができますよ^^

海外旅行でアメリカに行く場合変圧器は必要?おすすめの変圧器

まとめ

今回は海外旅行で飛行機に乗る場合
ヘアアイロンは持ち込みできるのかどうかということや、
海外でヘアアイロンを使う時の注意点についてご紹介しました。

コード付きの一般的なヘアアイロンであれば
問題なくスムーズに海外に持っていくことができるので、
そこまで気にする必要はありませんが、
海外の電圧に対応しているかどうかは
事前に確認しておく必要があります。

もし、旅行先の国の電圧に対応していない場合には
「変圧器」の用意を忘れないようにしましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください