【海外旅行】アメリカに行く場合変圧器は必要?おすすめの変圧器!

海外旅行でアメリカに行くという方も
多いようですが、日本とアメリカでは
コンセントの電圧が異なっているので、
日本の電気製品をアメリカで使っても良いのか
不安に思われている方も多いようです。

そこで、登場してくるのが「変圧器」ですが、
この変圧器はアメリカに行く場合
本当に必要なものなのでしょうか?

これについて気になっている方も多いみたいなので、
今回はアメリカに行く場合変圧器が必要かどうかや
おすすめの変圧器はどれなのかということなどについて
ご紹介していきたいと思います。

【海外旅行】アメリカに行く場合変圧器は必要?

日本の電圧は100Vですが、アメリカは日本よりも
20V高い120Vで電気が供給されているので、
日本で販売されている100Vを想定されて作られている
電気製品をアメリカの電圧で使用すると
負荷が強くかかってしまうことで故障してしまう可能性があるので、
日本の電気製品をアメリカで使用する場合には
「変圧器」を通して使用した方が安心かと思います。

ただ、デジカメや携帯電話などは海外にも対応しているため
変圧器を通さなくても問題なく使用できるようですが、
実は、日本の家電製品をアメリカで使用する場合
絶対に変圧器を通さなければならないというわけではないようです。

これはどうしてかというと、
100Vを想定されて設計されてはいますが、
20%ほど余裕を持たせてあるからなのです。

つまり日本の電気製品は125Vまでなら
実際には耐えられるようになっているんですね。

ただ、もともと100V用に設計されていますので
アメリカ電圧で長時間使用するとなると
発熱が大きくなりすぎたりしてしまって
故障してしまう危険性が高まる可能性は否定できません。

なので、短時間の使用であれば変圧器を通さなくても
日本の電気製品をアメリカで使用することはできるが
逆に長時間使用するような場合には変圧器を通すようにする
というような認識でいればよいかと思います。

アメリカに行く時におすすめの変圧器

さて、ここまではアメリカに行く場合には
変圧器が必要なのかどうかということについてご紹介してきましたが、
実際にはどのような変圧器を持っていけば良いのでしょうか?

やはり、常にアメリカにいるというわけでないのであれば、
リーズナブルで使い勝手が良い変圧器を準備するようにすれば良いと思います。

次にご紹介する変圧器は値段も手頃なのですが、
通常のコンセント口が2つあるだけでなく
USB端子もあるので携帯電話などの充電をしながら
ドライヤーやノートパソコンなどの電気製品を2つ
同時に使うことが出来るので重宝すると思います^^

日本製品→海外 アメリカ・カナダ・ハワイ・グァム・台湾・アラスカ対応【入力電圧AC110V-130V地域で最大120W】変圧器 便利なコンセント2口+USB端子タイプ トランス/海外旅行/トラベル/渡航/(旧)TI-113

価格:4,380円
(2016/10/21 11:08時点)
感想(4件)

まとめ

今回は海外旅行でアメリカに行く場合変圧器は必要なのかどうかや
おすすめの変圧器についてご紹介しました。

アメリカに変圧器を持っていかなくても
なんとかなったという方もいるようですが、
やはり日本の電気製品をアメリカで使用する場合には
変圧器を通して使用していた方が
断然故障などのリスクが低くなりますので
アメリカで電気製品を壊したくないという場合には
変圧器をしっかり用意して渡米されてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください