布団干しに最適な湿度は何%?湿度が高い日は干さない方が良い?

「布団干しに最適な湿度は何%なのでしょうか?」

このような疑問を抱いている方も多いようです。

確かに、布団干しをするときは基本晴れの日で
なるべく湿度が低い日の方が良いということは想像がつきますが、
では具体的に「どれくらいの湿度の日が最適なのか?」
というちょっと踏み込んだ疑問ということですね。

また、「湿度が高い日には布団は干さない方が良いの?」
ということについても気になっている人が多いようなので
今回はこういったことについてご紹介していきたいと思います。

布団干しに最適な湿度は何%?

布団干しに最適な湿度は何%なのか
この疑問について解説していく前に
布団干しについて少しおさらいしておきたいとおもいます。

布団は湿気を吸いやすい状態にあるものですが、
その要因は湿度や寝汗が大きな理由です。
人は寝ている間にコップ1杯分程の汗をかくので
布団はその汗を毎日吸い込んでいるということになりますし、
湿度が高ければその水分も吸い込んでしまうので
布団は常に湿気やすい環境にさらされているのです。

また、布団の湿度が高くなるとダニが発生し、
喘息やアレルギーを引き起こす原因にもなりかねないので
布団を干さないでいるということは
実はとても健康に対してリスクがあることなので、
こまめに布団を干すことが大切です。

そして、布団干しに最適な日というのは
湿度が低く太陽の光がある日になりますが、
ずっとこのような日ではありません。

では、どのくらいの湿度までなら布団干しに最適な日
ということがいえるのでしょうか?

これはあくまでも参考としての基準ですが、
湿度40%未満で太陽の日差しがあれば
布団干しに最適な日であるといえるでしょう。

湿度が高い日は布団を干さない方が良い?

さて、ここまでは布団干しに最適な湿度は何%なのか
ということについてご紹介しましたが、
では、先ほどの基準よりも高い湿度の日は
布団を干さない方が良いのでしょうか?

結論からいってしまうと、
湿度が高い日に布団を干すというのは
あまり意味がないので避けて、
布団乾燥機を利用した方が良いでしょう。

湿度が高い日に布団を干したとしても、
布団を乾燥させることができませんし、
下手をしたら余計に湿気させてしまう
可能性もあるので湿度が高い日には
布団を干すのではなく
布団乾燥機で乾かした方が良いとおもいます。

まとめ

今回は布団干しに最適な湿度は何%なのかや
湿度が高い日に布団を干さない方が良い理由についてご紹介しました。

布団干しに最適な日というのは
普段から狙っていないと見過ごしてしまう
事も多いので今回ご紹介した基準を参考にして
布団干しに最適な日があった場合には
ぜひ忘れずに布団を干すようにしてみてくださいね。

ちなみに、布団は1回にどれだけ長時間干したか
ということよりもどれだけこまめに干すことができたか
ということの方が大切なので、
1度しっかり干したからといって
安心してしまわないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください