牛乳はクッキー生地でどんな役割をするの?水で代用しても大丈夫?

クッキーのレシピにはいろいろなものがありますが、
牛乳を加えるレシピがありますよね。

オーソドックスなクッキーのレシピを見ると
黄金比といわれている
「薄力粉3:バター2:砂糖1」をベースにしている
レシピが多いのですが、
そこに牛乳を少し加えるという場合もあったりするんですね。

クッキー生地に牛乳を加えると
一体どのような役割を果たしてくれるのでしょうか?

ということについて気になっている方も少なくないようなので、
今回はこういったことについてご紹介していきたいと思います。

牛乳はクッキー生地に加えるとどんな役割をするの?

牛乳をクッキー生地に加えるとどのような
役割をしてくれるのでしょうか?

クッキーでの牛乳の役割は大きく2つあって

  1. 甘みや風味をつけるため
  2. クッキーの固さを調整するため

となります。

なので、クッキー生地に牛乳を加える場合は
上記のような補助的な役割を担ってもらう
という意味合いが強いというわけなんですね。

ちなみに、加える牛乳の量によって
クッキーの固さが変化するのですがイメージとしては
「牛乳少な目→固い」・「牛乳普通→しっとり」・「牛乳多目→ふかふか」
このような感じでクッキーの固さが変化していきます。

というわけで、ここまでを一度まとめると、
牛乳をクッキー生地に加える場合は
ミルクの風味をつけるため、
そしてクッキーの固さを調整するため
であるというふうに覚えておきましょう^^

クッキーに加える牛乳は水で代用しても大丈夫?

さて、ここまではクッキー生地で牛乳は
どんな役割をしてくれるのか
ということについてご紹介しましたが、
こんな疑問を持っている方もいるみたいですね。

「牛乳がないのですが水で代用しても大丈夫ですか?」

ということで、牛乳をきらしてしまっていたりして、
クッキーに牛乳を加えることができず、
何か別のもので代用したいということなんですが、
もし、このように牛乳がなかった場合には
牛乳なしで作れるクッキーを作るという方向に
切り替えた方が良いのではないかと思います。

もちろん、牛乳を水で代用してそのまま
クッキーを作るということもできなくはありませんが、
やはり風味がつかないですからね。
なので水で代用するよりも
まだコーヒーフレッシュなんかで
代用した方がおいしいクッキーができるかと思います^^

まとめ

今回は牛乳はクッキー生地でどんな役割をするのかということや
水で代用するのはアリなのかどうかということなどについてご紹介しました。

牛乳をクッキーに加える理由について
疑問に思っている人も少なくないようですが、
今回の記事で少しでも解決していましたら幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください