グミを食べ過ぎると腹痛や下痢になるのはなぜ?お腹に悪い?

「私はハードなグミが好きで、
ハ◯ボーなどのグミをまとめ買いしてきては
たくさん食べる事があるのですが、
そのたびに腹痛や下痢になっているような気がします。

そこで質問なのですが、
グミを食べすぎると腹痛や下痢になる可能性はあるのでしょうか?
またグミはお腹に悪いものなのでしょうか?」

ということで、今回はグミの食べ過ぎで
腹痛や下痢になる可能性があるのかどうか
ということについてご紹介していきたいと思います。

グミを食べ過ぎると腹痛や下痢になるのはなぜ?お腹に悪い?

グミを食べ過ぎると必ずと言っていいほど
腹痛や下痢になるという人がいますが、
これは一体どうしてなのでしょうか?

まず、グミというのはどんなものから作られているのか
簡単にご説明していきたいと思うのですが、
グミはゼラチンや砂糖、水飴、果糖などの糖類から出来ています。

ですから、グミをたくさん食べるとゼラチンに
含まれているコラーゲンや、
糖類を体にたくさん摂取してしまうことになるのですが、
そうすると一部の栄養分だけがたくさん入ってきてしまうので
体の分解機能が追いつかなくなって
腹痛や下痢などお腹の異常が引き起こされてしまう
という可能性が考えられます。

ただ、これはグミに限ったことではなく
食べ過ぎによって引き起こされてしまう症状なので、
グミに限らずなんでも食べ過ぎには注意した方が良いでしょう。

また、グミに含まれている成分に対して
アレルギー反応が起こっているために
腹痛や下痢などの症状が起こっている可能性も
考えられますのでグミを食べるたびに
お腹を壊してしまうというような場合には
一度病院でアレルギー検査を受けてみると良いかもしれません。
グミに含まれているゼラチンはアレルギー食品とされていますので、
病院で検査をすれば自分がゼラチンアレルギーであるかどうか
調べることが可能です。

グミを食べなくなってからお腹の調子がよくなった人もいるみたい

グミを食べることでお腹の調子が崩れてしまう
という人は少なからずいるみたいです。

やはり体質に合う食品と合わない食品があるので
もしあなたがグミを食べることで
お腹を壊してしまうというのであれば
やはりグミをできるだけ食べないようにした方が良いかと思います。

例えば、グミを毎日食べていて軟便に悩まされていたという人が
グミを食べなくなってから軟便がなくなったという事もあるようなので、
一度グミを食べないようにしたり
食べる量を減らしてみたりして
お腹の調子が良くなるかどうか試してみると良いかもしれません。

まとめ

今回はグミを食べすぎると腹痛や下痢になるのはなぜなのか
ということなどについてご紹介しました。

食べ過ぎでお腹を壊すというのは
グミに限ったことではありませんので、
食べ過ぎには注意が必要だと思いますが、
グミは糖分などがたくさん含まれていますので
食べ過ぎによってお腹を壊すだけでなく
虫歯などの原因になってしまう可能性もありますので、
グミを食べた後はしっかりと歯磨きをして
虫歯予防も忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする