ガムを噛むと顎の筋肉が発達してエラが張る?顎が伸びるって本当?

眠気を紛らわしたい時や
ストレスを感じる時、
口の中が乾燥する時など、
ガムを食べたくなる時はいろいろありますが、
毎日たくさんガムを食べてしまう
という方も結構多いみたいです。

そんなガム好き方に多いお悩みが、
「ガムの噛みすぎで顎の筋肉が発達してエラが張ったり
顎が伸びてしまうことってあるのでしょうか?」
ということなんです。

確かに顎は顔の見た目を大きく左右する
パーツなだけに気になりますよね。

ということで、今回はガムをたくさん噛むと
顎にどのような影響があるのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

ガムを噛むと顎の筋肉が発達してエラが張る?

ガムはとにかく「噛む」という動作を繰り返しながら食べますが、
「噛む」時には「咬筋(こうきん)」という筋肉を使用します。

つまり、ガムをたくさん食べれば食べるほど
咬筋の筋肉を使用するということになるので、
咬筋が発達して太くなっていってエラが張ってしまいます。

例えば、筋トレをすると腕が太くなったり、
脚が太くなったりと体がたくましくなるように、
咬筋も鍛えれば発達して太くなっていくので
ガムをたくさん噛むといわゆるエラの部分にある
咬筋が発達してエラが張ったような
顔つきになってしまう可能性があるのですね。

ただ、ガムを噛むのに必要な筋力がつけば
それ以上は発達しないようになるのが筋肉の性質なので、
エラがどんどん発達してしまうというような
心配はそこまでする必要はありません。

ありませんが、
どんどん硬いガムを噛むようになっていったりすると、
咬筋もそれに比例して発達していってしまうので、
エラの張りも強くなっていってしまう可能性があります。

ガムを噛むと顎が伸びるって本当?

さて、「ガムをたくさん噛むと顎が伸びるらしいよ!」
なんてことを聞いたり言われたりしたことがある方も
少なくないようですがこれは本当なのでしょうか?

顎がどんどん伸びてしまうとなると、
見た目にも大きく影響してしまうので、
かなり気になるところかと思いますが、
ガムをたくさん噛むと顎が伸びるというのはウソです。

そもそも顎が発達するのは顔の成長に従って
発達していくものなので、
顔の成長が終了するとそれ以上は発達しません。
なので、ガムをたくさん噛むと顎が伸びるわけではなく、
顔の成長によって顎は伸びるものなんですね。

ガムを噛むと小顔になれるかも

さて、ガムを噛むと咬筋が鍛えられるということについては
ここまでにご紹介したとおりですが、
実はガムを噛むと「顎舌骨筋(がくぜつこっきん)」という
顎の下にある筋肉も鍛えられます。

二重顎などに悩まされている方も少なくありませんが、
そういった場合にはガムを噛むことで
顎舌骨筋を鍛えるようにすれば顎が引き締まっていって
顔を小顔にしていく効果を期待することができます。

また、筋肉を鍛えるだけでなく美顔ローラーなどを使って
リンパや血行の流れをよくすれば
より小顔効果を高めることができるので、
顎周りが気になる場合には試してみる価値はあるとおもいます^^

まとめ

今回はガムを噛むと顎の筋肉が発達して
エラが張るのかや顎が伸びるのか
という疑問について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

ガムを噛むと咬筋や顎舌骨筋など、
顎の周りの筋肉が鍛えられますので、
エラが張ってしまう可能性もありますが
逆に、アゴ周りが引き締まって、
小顔効果を期待することもできるんですね。

いずれにしてもガムを噛みすぎなければ
健康にも良いものなので、
適度にガムを噛むようにするのが良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください