エアコンの冷房をつけると湿度が上がる原因と対処法について!

エアコンは私達にとってなくてはならない
生活家電となっていますが、
そんなエアコンの不思議な現象について
疑問に思われている方も少なくないようです。

その現象とは一体何なのかというと、
「エアコンの冷房をつけると湿度が上がるのはなぜなのでしょうか?」
というものです。

確かに、せっかく涼しくしようと冷房を
入れたにも関わらず湿度が上がってしまっては
ベタベタしてかえって不快になってしまう…
なんてことにもなりかねませんよね(^_^;)

というわけで、今回はエアコンの冷房をつけると
湿度が上がる原因や対処法などについて
ご紹介していきたいと思います。

エアコンの冷房をつけると湿度が上がる原因とは?

エアコンの冷房をつけると湿度が上がるのはなぜなのでしょうか?

エアコンは部屋の空気を取り込んで、
熱交換器で冷やしその空気を室内に戻すことで
部屋の温度を下げていますが、
温度が下がると空気中に含むことができる
水蒸気量の絶対値が下がってしまうため、
湿度が上がっていってしまうということが起こります。

もうすこし説明すると、
温度が高いと空気中にたくさんの水蒸気を含むことができますが、
温度が低いと空気中に含むことができる水蒸気量が少なくなります。
そのため、エアコンを入れる前の温度では表示されていた湿度が
冷房を入れて空気が冷やされたことで
相対的に高くなってしまったということなのです。

エアコンの冷房で湿度が上がらないようにする対処法

さて、エアコンの冷房で湿度が上がってしまう原因について
ご紹介しましたが、湿度を上げることなく
エアコンで部屋の空気を冷やす方法はないのでしょうか?

このことについて気になった方も多いと思いますが、
もちろん湿度を上げないで冷房を行う方法があります。

その方法とはエアコンの運転モードを「除湿」に
切り替えるだけというシンプルなものですが、
お手持ちのエアコンのリモコンを見て
運転モードが「除湿」になっていなければ
早速切り替えてみてください。

すると部屋の温度だけでなく湿度も下がっていくようになるのですが、
この除湿と冷房運転の違いはどのようなものなのでしょうか?

これについて解説すると、
冷房は単に空気を冷やし部屋に戻すだけでしたが、
除湿運転では一度冷やした空気を再度暖めてから
室内に戻すということをやっているのが大きな違いとなります。

「冷房」は室温が設定温度以下になると
運転が送風に切り替わってしまいますが、
この場合部屋の温度は下がってはいますが
湿度が高いまま送風が始まってしまうため
湿度が下がらず高い状態となってしまいます。

しかし、除湿運転では取り込んだ空気を冷やして水分を取り出し
その空気をさらに暖めてから部屋に戻すため
冷房のように室温が急激に下がらずゆるやかに下がっていきます。

つまりすぐに設定温度を下回って送風になるということがないため
じっくりと空気中の湿気を取り除いていくことができるというわけなのです。

ちなみに、室温が30℃だったとしても
湿度が40%以下である場合には
暑いと感じることがないので
除湿運転をしていくと室温が多少高かったとしても
快適な感じになっていくので問題ないんですね。

つまり、温度を冷やすことも重要ではありますが、
それ以上に湿度を下げることが
体感温度に与える影響としては大きなウエイトを
占めているということになるというわけです。

まとめ

今回はエアコンの冷房をつけると湿度が上がる
原因や対処法などについてご紹介しました。

少し説明が難しくわかりづらいかもしれませんが、
要するにしっかり空気中の湿度を下げるためには
除湿運転をしなければならないということです。

冷房だと空気を冷やすことはできても
湿度を充分に下げることができないので
部屋の温度は下がっているのに
ジメジメして不快な状態になってしまう場合があります。

というわけで、室温が低いにも関わらず
蒸し暑いと感じてしまうような場合には
除湿運転を使って快適に過ごされてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください