道路の中央線のオレンジ線の意味は追い越し禁止?右折は問題ない?

車を運転する時には交通ルールを守らなければ
なりませんが、「あれってどうだったっけ?」
なんてふうにど忘れしてしまうなんて事もあったりします(^_^;)

自車校に行っていた頃は覚えていたはずなのに、
時間とともに忘れてしまうのは人間の脳の辛いところ…

さて、ではどのようなことを忘れている人が多いのかというと
道路の中央線のオレンジ線の意味についてなんです。

よく追い越し禁止線なんてふうに言われますが、
このオレンジ線をまたいで右折することはできるのでしょうか?

道路の中央線のオレンジ線の意味とは?追い越し禁止?

道路にはいろいろな線がひかれていて
それぞれに意味がありますが、
最も多くみかけるのは白線や白の点線でしょう。

これは普通の道路ということなので
特に疑問に思う人はいないと思いますが、
普通は白の点線の道路の中央線が
オレンジ線になっていることがあります。

この「オレンジ線」の意味はどのようなものなのでしょうか?

というわけで、早速それについて解説すると、
道路の中央線がオレンジ線になっている場合には
「追い越しのための右側車線はみ出し禁止」になります。

なので、道路の中央線(センターライン)が
オレンジ色になっている場所で、
右側車線にはみ出す形で追い越しをしてしまうと
違反となってしまうので注意しましょう。

ちなみに、右側車線にはみ出さなければ
追い越しするのはOKということになるので、
自転車や原付きなどを追い越すのであれば、
大きな車でなければ可能だと思いますが、
いずれにしても追い越しをする時には
最新の注意を払ってから行うことが大切ですね。

道路の中央線のオレンジ線を右折しても大丈夫?

さて、ここまでは道路の中央線がオレンジ線に
なっている場合の意味についてご紹介しましたが、
ここで1つ疑問に思うことはありませんか?

そうです、「右折するのは大丈夫なの?」ということです。

たとえ、中央線がオレンジ線になっていたとしても
右折して別の道に入ることができる場所が多くあります。

もし、先程解説したとおりはみ出して通行するのがダメ
というのであればオレンジ線になっている場所では
右折することができなくなってしまうので
とても不便になってしまうというケースもあると思いますが、
中央線がオレンジ線になっている場合には
はみ出して追い越しするのが禁止なだけなので
右折することを禁止するものではありません。

つまり、中央線がオレンジ線の場所は右折しても
問題ないということになります。

ただ、ここで1つ注意しなければならないのは
道路標識で「右折禁止や直進、横断禁止」が出ていないかどうかということです。

中央線がオレンジ線だったとしても右折はできますが、
道路標識で「右折禁止」が出ている場合には
当然右折してはいけませんので、
右折する際には道路標識の有無等もチェックされてくださいね^^

まとめ

今回は道路の中央線のオレンジ線の意味や
細かい疑問点などについてご紹介しましたが
腑に落とすことはできましたでしょうか?

あくまでも追い越しのための右側車線はみ出し禁止
というのが中央線のオレンジ線の意味なので
右折したり、はみ出さなければ追い越しすることもOKとなります。

とはいえ、道路にはオレンジ線だけがあるわけではなく
道路標識や対向車など様々なことを瞬時に認知して
判断をしていかなければならないわけなので、
運転をする場合には常に最新の注意を払うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください