クッキーの焼き上がりが柔らかい原因とは?固くする方法はある?

手作りクッキーを作ろうとレシピ本を読んで
実際にやってみたはいいものの
焼き上がりが何度やっても柔らかくなってしまい
サクサクの固いクッキーを焼くことができず
悩んでいるという方も少なくないようですが、
どうして焼き上がりが柔らかいのでしょうか?

ということで、今回はクッキーの焼き上がりが
柔らかい場合に考えられる原因や
焼き上がりを固くする方法などについて
ご紹介していきたいと思います。

クッキーの焼き上がりが柔らかい原因とは?

クッキーの焼き上がりが柔らかくなってしまう場合に
考えられる原因についてご紹介していきます。

1,焼く温度が低い・焼く時間が短い

クッキーの焼き上がりが柔らかい場合は
オーブンの温度が低い可能性があります。

クッキーを焼くのに最適といわれている温度は
約180℃となりますから、
オーブンの温度が低い場合には
温度を高くすれば固いクッキーが焼きあがる
ようになるかとおもいます。

ちなみにオーブンを予熱する場合は
焼く温度にプラス20℃を目安して
予熱するようにするとオーブン内を
ちょうど良い温度にすることができます。

また、焼く時間が短いとこれも焼きあがりが
柔らかくなる原因となりますので、
クッキーがほんのりと良い焼き色がついてきたのを
見計らってオーブンから取り出すようにしてみましょう。

2,バターや牛乳の量が多い

クッキーを作るときにはまずレシピ通り作ることが大切です。

自分なりにアレンジしたりするのは
レシピ通りクッキーを焼いてみて上手く行った後に
行うようにしなければなりませんが、
バターや牛乳の量を多く入れてしまっていると
生地が柔らかくなり過ぎてしまう原因となりますので注意が必要です。

3,生地を混ぜる時に空気が入りすぎている

クッキーの生地を作る時にはゴムベラ1本で
切るように混ぜるだけにするのがおすすめです。

それはなぜかというとクッキーの生地に
空気が入りすぎてしまうと、
焼き上がりのサクサク感が減ってしまう原因になるから。

ですから、電動ミキサーで生地を混ぜてしまったりすると
クッキーが美味しくなくなってしまうのですね(^_^;)

シリコンゴムベラ

クッキーの焼き上がりを固くする方法

さて、ここまではクッキーの焼き上がりが
柔らかい場合に考えられる原因についてご紹介しましたが、
こういったポイントを押さえてクッキーを焼くだけでも
クッキーがサクサクの固さに焼きあがるように
なってくると思いますが、
もっと美味しくクッキーを焼きたいという場合には
クッキーに「アーモンドプードル 」を入れると良いです^^

アーモンドプードルをクッキーの生地の全体の
30%ほど入れて混ぜるようにすると
クッキーの生地がよりサクサクになるだけでなく
アーモンドの香ばしさも出るので
普通のクッキーよりもワンランク美味しくなりますよ♪

・クッキーにアーモンドプードルを入れる割合と役割

まとめ

今回はクッキーの焼き上がりが柔らかい原因や
焼き上がりを固くする方法についてご紹介しました。

クッキーが上手く焼けないという場合は
今回ご紹介したような事が間違ってしまっている
可能性がありますので一度確認してみて
再度クッキーを焼いてみてはいかがでしょうか?

おいしいクッキーが焼きあがるのが楽しみですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする