型抜きクッキー生地に最適な打ち粉は薄力粉?強力粉は代用できる?

クッキーを作る時に生地の表面のべたつきを
減らすために使われる打ち粉ですが、
その打ち粉は「何粉」を使用するのが最適なのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようなので、
今回はクッキー生地に最適な打ち粉は
何粉なのかということなどについて
ご紹介していきたいと思います。

型抜きクッキー生地に最適な打ち子は薄力粉?

クッキーの生地を作って型抜きをする場合は
そのままのクッキー生地で型抜きしてしまうと
ベタベタして剥がす時に形が崩れてしまうため
生地の表面に「打ち粉」をして
ベタつきを少なくする必要がありますが、
クッキー生地に最適な打ち粉な何粉なのでしょうか?

結論からいってしまうと、
クッキーを作った時に使用したのと同じ粉
つまり「薄力粉」が適しているということになります。

ですから、例えばクッキーの型取りをするような場合には
型や生地に軽く薄力粉を付けるようにすると良いのですね。

ただ、あまり打ち粉を付けすぎてしまうと、
粉っぽい出来上がりになってしまうので、
あくまでも軽くつけるようにしましょう。

また、少し冷蔵庫でクッキーの生地を冷やしながら
寝かせるようにすると型抜きする際に
生地が崩れにくくなるので、
生地が柔らかいと感じる場合は
一度冷蔵庫に入れて寝かせてから型抜きをすると良いとおもいます。

・クッキー生地を冷蔵庫で寝かせる時間はどれくらい?

型抜きクッキーの打ち粉は強力粉で代用してもいい?

さて、ここまではクッキー生地に最適な打ち粉は
何なのかということについてご紹介しましたが、
薄力粉がなかった場合には打ち粉を別の粉で
代用することはできるのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようですが、
強力粉や中力粉など小麦粉であれば
代用することが可能です。

ただ、薄力粉と同じように付けすぎてしまうと
粉っぽい出来上がりになってしまうので、
つけ過ぎてしまわないように注意しましょう。

まとめ

今回は型抜きクッキー生地に最適な打ち粉は
何なのかということについてご紹介しました。

クッキー生地を型抜きする時には
打ち粉は欠かすことができませんが、
基本的には生地を作った時と同じ粉を使用します。

ですから、クッキーの場合は薄力粉となるわけですが、
必ずしも薄力粉でなければならないというわけではなく
強力粉や中力粉などの小麦粉であれば
打ち粉として使用することができます。

ただ、打ち粉をつけ過ぎてしまうと粉っぽくなって
美味しくなくなってしまいますので、
付ける量は少な目にするということを意識されてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください