クッキーは無塩バターじゃなきゃダメ?理由は?マーガリンで代用OK?

「クッキーを作ろうと思ったのですが、
無塩バターをきらしてしまっていました(^_^;)

そこで質問なのですがクッキーは
絶対に無塩バターじゃなきゃダメなのでしょうか?
なぜ無塩バターを使うのでしょうか?

初歩的な質問ですがよろしくお願いいたします。」

このように、クッキーを作ろうとした時に
無塩バターがないという状況を
体験したことがある方も少なくないようですが、
一体どうしてクッキーは無塩バターを使うレシピが多いのでしょうか?

ということで、今回はクッキーに無塩バターを使う理由や
無塩バター以外で代用するには何を使えば良いのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

クッキーは無塩バターじゃなきゃダメ?理由はあるの?

クッキーのレシピを見ると
「無塩バター」と指定されている事が多いですが、
どうして無塩バターとされているのでしょうか?

この理由について気になっている方も多いようですが、
無塩バターを使用する理由には
次のような理由があるからとなります。

  1. 味に影響するから
  2. 塩分が入ったものを使用すると食感に影響するから

クッキーはバターをたくさん使用しますが、
有塩バターを使用してしまうと、
必然的に塩の量も増えてしまうことになり
本来のレシピと違った味に仕上がってしまう
ということになりかねません。

また例えば塩分が入った有塩バターで代用すると
食感が変わってしまう可能性があります。

小麦粉にはグルテンという成分が含まれており、
このグルテンは生地の粘りや弾性の素となりますが、
塩分はこのグルテンの働きを促進させる
働きがあるために焼き上がりの食感が
普通に作るよりも固くなってしまい
クッキーのサクサク感が落ちてしまう可能性があります。

このような理由から味と食感を損なうことがない
無塩バターを使用するようにと
クッキーのレシピでは指定されているというわけなんですね。

クッキー作りで無塩バターを代用したい場合は・・・

さて、ここまではクッキーに無塩バターを
使用する理由についてご紹介しましたが、
無塩バターがない場合代用することは可能なのでしょうか?

結論からいってしまうと無塩バターがない場合は

  • 有塩バター
  • マーガリン

などで代用してしまってOKということになります。

先程、塩分が味や食感に影響するという理由から
無塩バターを使用するとお伝えしましたが、
有塩バターやマーガリンで代用してしまったとしても
食べ比べをしない限りは普通に食べられるレベルですし、
家庭で作る量であれば食塩の量がそこまで
増えてしまうということにはならないため
塩分の影響はかなり限定的となるため
無塩バターがない場合は上記のようなもので
代用してクッキー作りをするようにしましょう!

無塩バター450g【よつ葉】

まとめ

今回はクッキーに無塩バターを使用する理由や
無塩バターがない場合の代用方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洋菓子というと一度にたくさん作るという文化があり
その場合塩分が入ったバターなどを使ってしまうと
塩分によって仕上がりに影響してしまうということから
無塩バターを使用するというふうになっているようですね。

ただ、一般的に家庭で作るくらいの分量であれば
そこまで塩分を気にする必要はないので
無塩バターがない場合は有塩バターやマーガリンなどで
代用してクッキー作りをしても大丈夫です。

というわけで、この記事があなたの参考になりましたら幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください