クッキーが粉っぽい味になる原因とは?粉っぽい時の対処法4つ!

お菓子作りが趣味で週末になると
クッキー作りを楽しんでいるという方も少なくありませんが、
お菓子を手作りするとなるとどうしても
ついてきてしまうのが失敗ではないでしょうか?

作ってみたらなんだか思っていた味と違った…
なんて事は結構あることですが、
クッキーだと粉っぽい味になってしまう
ということも少なくないようです。

というわけで、今回はクッキーが
粉っぽい味になってしまう原因や、
粉っぽいクッキーにならないようにするための
ポイントなどについてご紹介していきたいと思います。

クッキーが粉っぽい味になる原因とは?対処法4つ

クッキーが粉っぽくなってしまう場合には
どのような原因が考えられるのでしょうか?
また、クッキーが粉っぽくなってしまった場合は
どのような点を見直すと良いのでしょうか?

1,生地の混ぜ方が足りない

クッキーのレシピ本などを見ると、
生地を混ぜすぎるを焼きあがりが固くなるため
混ぜすぎないように注意と書かれてある場合があります。

確かにこれはその通りなのですが、
生地の混ぜ方が足りないと
焼き上がりが粉っぽくなってしまいます。

ですから、生地はある程度しっかりと混ぜるようにしましょう。

具体的にはこねるように練るのはNGとなので
ヘラで切るようにしっかりと混ぜていくというイメージになります。

2,生地をしっかり寝かせていない

クッキー生地はこねるように混ぜないので、
生地の油分と水分がなじむまでに
しばらく時間がかかってしまいます。

ですから、生地をしっかりと寝かせることで
油分と水分がよくなじむようにしないと
粉っぽい焼き上がりになってしまいます。

生地を寝かせないで作っていた、
もしくは時間が短いと思う場合は
しっかりと生地を冷蔵庫で寝かせてから
焼くようにすると良いでしょう。

・クッキー生地を寝かせる(冷蔵庫で冷やす)時間の目安

3,打ち粉が多すぎる

型抜きクッキーを作る場合に
打ち粉をして生地がくっつきにくくしてから
型抜きをする場合があると思いますが、
打ち粉の量が多すぎてしまうと
粉っぽくなってしまう原因となるので、
打ち粉を使わなくできるのであれば
使わないようにしてしまうのも1つですし、
そうでなくても極力打ち粉の使用量は
少なくするということが大切です。

打ち粉の量を減らすためにはラップに
生地を挟んで延ばすようにし、
生地が柔らかくなってきたら、
冷蔵庫で冷やして固くしてまた型抜きをする
というふうにすると良いでしょう。

4,焼きが不十分

クッキーをオーブンで焼く時には
どれくらいの温度で何分焼いていますでしょうか?

温度が低かったり、焼き時間が短かったりすると
クッキーが粉っぽくなってしまうので
焼きが不十分でないかどうかということも
一度確認してみると良いかもしれません。

・クッキーの焼き時間の目安!オーブンの予熱温度についても

クッキー作りで失敗しないためにするべきこととは?

さて、ここまではクッキー作りで
粉っぽくなってしまった場合に考えられる
原因と対処法についてご紹介しましたが、
お菓子作り初心者の人ができるだけ
はじめから失敗しないようにするためには
しっかりとしたレシピや作り方の手順を
知ってから取り掛かるということが大切です。

そして、ネット上のレシピだと素人が
アップロードしたレシピという可能性があるので
手軽で手に入りやすい分失敗してしまう
確率が高くなるということもあるとおもいます。

なので、まずは信頼性があるクッキーの
レシピが書かれた本などのレシピ通りに
作ってみるようにすれば
失敗してしまう確率を抑えられるでしょう^^

クッキーとビスケットの本【なかしましほ】

まとめ

今回はクッキーが粉っぽい味になってしまった
場合に考えられる原因や対処法についてご紹介しました。

手作りクッキーを作るのはとても楽しいですし
やりがいがあるかと思いますが、
あくまでも上手く出来上がる前提があってだと思います。

ですから、しっかりとしたレシピを元に
クッキー作りをしていった方が
より楽しくクッキー作りができるのではと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください