クッキー生地を冷やす時間は何分?冷やす理由や意味が知りたい!

「クッキーのレシピを見ていろいろと
勉強しているのですが、
クッキーの生地は一度冷蔵庫に入れて
冷やすようにと書かれてありました。

ですが、どうしてクッキー生地を冷やすのかが
書かれていなかったためにモヤモヤしています(^_^;)

なので、クッキー生地を冷やす意味について知りたいです」

確かにクッキー作りをする時には
生地を一度冷蔵庫に入れて冷やしますが、
一体なぜ冷やすのかということは
レシピに書かれていないことが多いですね。

また、レシピによって冷やす時間がバラバラだったりするので、
今回はクッキー生地を冷やす理由や
冷やす時間などについてご紹介していきたいと思います。

クッキー生地を冷やす理由(意味)とは?

「クッキー生地はなぜ冷やすのでしょうか?」

これについて気になっている方も少なくないようですが、
結論からいってしまうと、
クッキー生地が固くなりすぎないようにするためということになります。

クッキー生地を作る薄力粉には「グルテン」
という成分が含まれていますが、
グルテンは水分と結びつくと
粘りや弾性が出て来るという性質があるため
クッキーの生地はあまり練りすぎないように
しないと焼きあがりが固くなってしまいますが、
このグルテンは冷やすと働きが低下するため
クッキー生地を一度冷蔵庫に入れて冷やして
固くってしまうのを防いでいるのですね。

また、冷蔵庫でしばらく冷やすことで
生地に水分を均等に行き渡らせることにもなり
よりおいしいクッキー生地になるのです。

クッキー生地を冷やす時間は何分?

ここまではクッキー生地を冷やす理由
についてご紹介しましたが、
クッキー生地を冷やす理由については理解できましたでしょうか?

さて、ここからはもう一つの疑問について
ご紹介していきたいと思うのですが、
それは、
「クッキー生地を冷やす時間は何分なのでしょうか?」
ということです。

クッキー生地を冷やす時間を見てみると
レシピなどによって異なっている場合があるので、
どれくらい冷やせば良いのかということが
イマイチピンとこないということですね。

結論からいってしまうと、
2時間冷蔵庫で冷やして、
それから型をとり、
そして再度30分冷蔵庫で冷やす
というふうにするのがベストです^^

ですから、合計2時間30分冷やすということになりますね。

ただ、こんなに時間がかけられないという場合は、
30分冷やすだけでもだいぶ違いますし、
また1日前から冷やしておいて、
翌日に焼くというのもOKなので、
ある程度自分がやりやすいように
冷やす時間は工夫されると良いかと思います。

・クッキー生地の寝かせすぎ、全然寝かさないのはNG??

まとめ

今回はクッキー生地を冷やす理由や時間などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

おいしいクッキーを焼き上げるためには
生地のグルテンの働きを抑えることが大切ですが、
グルテンの働きを抑えるためには
冷やすことが有効というわけだったんですね^^

ということで、手作りクッキーを作る場合は
今回ご紹介したことを参考にして
生地を冷やされてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください