クッキーにコーンスターチを入れる割合や役割とは?片栗粉で代用可?

クッキーのレシピを見ると
「コーンスターチ」と書かれてあることがありますが、
このコーンスターチは一体どんな役割があるものなのでしょうか?

また、入れる割合はどれくらいで
もし、コーンスターチがない場合は
代用できる別の粉はあるのでしょうか?

このようなことについて疑問に
思われている方も少なくないようです。

そこで、今回はクッキーにコーンスターチを入れる割合や
コーンスターチの役割、
また代用できるものはあるのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

クッキーにコーンスターチを入れる割合や役割とは?

コーンスターチはとうもろこしから取れる
でんぷんの事になりますが、
これをクッキーの生地に加えると
どのような役割を果たしてくれるのでしょうか?

結論からいってしまうと、
コーンスターチは小麦粉と違って
グルテンが含まれていないため
クッキーの生地に加えて焼くと
生地に粘りや弾性が出て来るのを抑えることができ
サクサクホロホロとした食感のクッキーが出来ます。

ちなみに、グルテンは水と結びつくと粘りや弾性が
出てきてしまうという性質があるので
小麦粉だけでクッキーを作ってしまうと
どうしても堅いクッキーができやすくなってしまい
あまりおいしくないという場合があるのですが、
コーンスターチを加えることで
クッキーがグルテンによって堅くなりすぎるのを
防ぐことができるということになるのです。

また、コーンスターチはクッキーの生地に
どれくらいの割合で入れれば良いのかということですが、
これは本来入れるべき小麦粉の20%ほどとなります。

ですから、例えば100gの薄力粉を使用するクッキーだった場合
20gをコーンスターチ、80gを薄力粉にすれば
サクサクホロホロのクッキーが焼き上がりやすくなるでしょう。

コーンスターチ100g

コーンスターチは片栗粉で代用可?

さて、ここまではクッキーにコーンスターチを
入れる割合やコーンスターチの役割についてご紹介しましたが、
もしコーンスターチがなかった場合は
何かで代用することができるのでしょうか?

これについて調べてみると片栗粉で代用することができるため
片栗粉があればコーンスターチの代わりに使用しても良いです。

コーンスターチはとうもろこしから取れるでんぷんですが、
片栗粉はかたくりというユリ科の植物の根から
取れたでんぷんになるので、
コーンスターチは片栗粉で代用したとしても
それほど大きな違いはないということになります。

・クッキーにアーモンドプードルを入れる割合や役割とは?

まとめ

今回はクッキーにコーンスターチを入れる割合や
役割、代用できるものはあるのか
ということなどについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

コーンスターチがあればクッキーをより美味しく
焼きあげることができるので
コーンスターチを有効活用されてみてはいかがでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください