チョコレートが食べたくなる原因は病気?食べ過ぎると糖尿病になる?

「無性にチョコレートが食べたくなるのですが、
これって一体何が原因なのでしょうか?
毎日たくさんチョコレートを食べてしまうので
糖尿病などの病気にならないかも気になっています…」

というようなお悩みを抱えている方も多いようです。

確かにチョコレートは美味しいので
ついつい手が伸びてしまう心理は分かりますが、
やはり食べ過ぎてしまうのは何か問題があるような気もします。

ということで、今回はチョコレートが食べたくなる
原因は何なのかということについてや、
チョコレートを食べ過ぎることの危険性
などについてご紹介していきたいと思います。

チョコレートが食べたくなる原因とは?病気?

チョコレートが無性に食べたくなって仕方ない…

という状態になってしまっている
という方も少なくないようですが、
チョコレートがこんなにも食べたくなるのは
一体何が原因となっているのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようですが、
これにはいくつかの原因が考えられるようです。

1,チョコレートの依存性

チョコレートには依存性があるのですが、
たくさんチョコレートを食べれば食べるほど
チョコレートへの依存度は高まっていきますので、
そうなると「チョコレートが無性に食べたくなる」
という状況に陥ってしまう可能性もあります。

ちなみに、どうしてチョコレートに
依存してしまうようになるのかというと…

チョコレートは食べた瞬間に「幸福感」を
感じさせてくれる効果があるのですが、
この効果は持続性がないためすぐ切れてしまいます。

つまり、何度もチョコレートを食べた瞬間の
あの「幸福感」を脳が味わいたいと思ってしまうことで
チョコレートに依存していってしまうようになるので、
チョコレートの食べ過ぎには注意が必要だといえるでしょう。

2,ストレス

ストレスが溜まっている場合には
チョコレートが無性に食べたくなる可能性がありますが、
それはなぜかというと、チョコレートに含まれている
ギャバ(GABA)という成分が
精神を安定させてくれる働きがあるため。

ストレスが溜まっている時にチョコレートを食べると、
落ち着かない気持ちをスッと楽にしてくれるので
余計に美味しく感じてしまい
ついついチョコレートが食べたくなって
手放せなくなってしまうようになってしまう場合があります。

3,脳が糖分を欲しがっている

脳のエネルギー源となるのは「ブドウ糖」になりますが、
ブドウ糖が不足してくると、
脳がエネルギー補給を行おうとするため
無性に甘いものが食べたくなるようになりますが、
これが原因でチョコレートが食べたくなっている
という可能性も考えられます。

4,精神的な問題(うつ病)

チョコレートが無性に食べたくなった際には
精神的な問題が起こっていることが原因である
可能性も考えられますが、
具体的には「うつ病」があげられます。

うつになると食欲がなくなるというのが一般的な認識ですが、
実は甘いものなら食べられるという人も一定数おり、
チョコレートがやめられなくなってしまうケースもあるようです。

ですが、なぜチョコレートなのかというと、
それはチョコレートには抗うつ効果があるからといわれています。

もし、チョコレートがいつも食べたくなる状況で
精神的に不安定さを感じるという場合には
うつの可能性も考えられますので、
一度チェックをされてみると良いかもしれません。

うつ病チェック

チョコレートを食べ過ぎると糖尿病になる?

さて、ここまではチョコレートが食べたくなる場合に
考えられる原因についてご紹介してきましたが、
チョコレートをよく食べる方の中にはこんな
不安を感じている方もいるようです。

それは…

「チョコレートを食べ過ぎている気がするのですが、
糖尿病にならないか心配です」
というものです。

これについて解説しますと、
砂糖がたくさん入っている甘いチョコレートを
大量に食べ続けてしまうと糖尿病に
なる可能性も否定することができないので
やはり食べ過ぎには注意した方が良いでしょう。

ただ、糖尿病になる原因はなにもチョコレートだけではなく
糖分が含まれている食品全般の取り過ぎになりますので、
例えばお米や小麦なども食べ過ぎると
血糖値が上がってしまうことになるのです。

従って、糖尿病を心配するのであれば、
「糖分」の摂取量をよく考えることが大切なのですが、
糖質制限チョコレートを食べるようにすれば
チョコレートの糖分を気にすることはないので、
チョコレートを我慢する必要もありませんし
糖分を取りすぎてしまうのを予防することもできるので、
少しでも糖分が気になるのであれば、
糖質制限チョコレートを食べるようにされると良いかと思います^^

まとめ

今回はチョコレートが食べたくなる原因や
食べ過ぎると糖尿病になるのかなどの
疑問についてお答えしましたがいかがだったでしょうか?

チョコレートには良い効果がある反面
それが依存性を高めてしまっていたり、
甘さを出すための糖分が健康問題を
引き起こす原因になってしまっている
という現実がありますので、
やはり甘いチョコレートの食べ過ぎには注意が必要ですね^^

ただ、糖質制限チョコレートであれば、
そうした甘いチョコレートとは違い
我慢せず食べることができるので、
健康を大切にしたい場合には
有効活用されてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください