チョコレートの「スイート・ミルク・ビター・ブラック」の違いとは?

コンビニなどでついつい毎日のように
チョコレートを買ってしまうという
チョコレート好きの方も多いかと思いますが、
チョコレートには「スイート・ミルク・ビター・ブラック」
というように様々な種類がありますが、
これらは一体どういった違いがあるのか分かりますか?

「甘さが違っているのは分かるけど、
明確な違いと言われるとイマイチよく分からないかも…」

という方も少なくないようなので、
今回は「スイート・ミルク・ビター・ブラック」
チョコレートの違いについてご紹介していきたいと思います。

チョコレートの「スイート・ミルク・ビター・ブラック」の違いとは?

  • スイートチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ビターチョコレート
  • ブラックチョコレート

これらのチョコレートはコンビニや
チョコレート店でよくみかけるメジャーな種類の
チョコレートになりますが、
一体何が違っているのでしょうか?

■スイートチョコレートとは?

スイートチョコレートとは一般的に
ミルク成分を含まないチョコレートの事を指し、
カカオ成分が約50%くらいのものになります。

■ミルクチョコレートとは?

ミルクチョコレートはミルク成分(脱脂粉乳や全脂粉乳)を
含んだ甘いチョコレートのことをいいます。

私たちが普段口にするチョコレートは
このミルクチョコレートが多いですね^^

また、ミルク成分が含まれている分
口溶けが良くなめらかな触感となり、
様々なお菓子にも使われたりします。

■ビターチョコレートとは?

ビターチョコレートは苦いチョコレートという
ふうに認識されている方も多いかと思いますが、
ではなぜ苦いかというと、
甘さを出すミルク成分が使われておらず
カカオ成分がたくさん配合されているためになります。

チョコレートは甘いものと思われている方も多いかもしれませんが、
実はチョコレートの原料であるカカオマスは
そのままだととても苦いものなんですよね^^

ちなみに、先程スイートチョコレートもミルク成分が
使われていないチョコレートであるとご紹介しましたが、
ビターチョコレートはスイートチョコレートよりも
カカオ成分がより多く配合されたもので
だいたい比率でいうと60%くらいになります

■ブラックチョコレートとは?

ブラックチョコレートはチョコレート本来の味に
最も近いチョコレートというふうにいえるかと思いますが、
その理由はカカオ成分がほとんどのチョコレートだからです。

ビターチョコレートではカカオ成分が60%くらいでしたが、
ブラックチョコレートとなるとカカオ成分は70%以上となり、
最近ではカカオ成分95%のチョコレートなんかも発売されていますよね^^

カカオ95%ともなると味的にはとても苦いので、
甘いお菓子のチョコレートに慣れている方は
全く別物に思われるのではないかと思います(笑)

番外編!ホワイトチョコレートと生チョコとは?

さて、ここまではチョコレートの種類の違いについて
ご紹介してきましたが、
まだご紹介できていないものがあるんですよね(笑)

それは、「ホワイトチョコレート」と「生チョコ」についてです。

一体これらはどんなチョコレートなのでしょうか?

■ホワイトチョコレートとは?

チョコレートというと通常は黒っぽい色をしていますが、
このホワイトチョコレートに関しては白い色をしていますよね。

ホワイトチョコレートはチョコレートの
茶色成分「カカオマス」が使われず、
「カカオバター・ミルク成分・糖分など」で作られているため、
通常のチョコレートのように色が黒くならず白い色になります。

つまり、ホワイトチョコレートと通常の黒いチョコレートの違いは
「カカオマス」が入っているかいないかということなんですね^^

ちなみに、カカオマスは茶色成分でもありますが、
苦味成分でもあるので、そのカカオマスが使われていない
ホワイトチョコレートは甘さも強いです。

■生チョコとは?

生チョコはチョコレート生地に生クリームや
洋酒を練り込むことで柔らかい食感を出したものになります。

ヨーロッパのガナッシュと似たチョコレートなんですね。

まとめ

今回はチョコレートの種類やその違いについて
いろいろとご紹介してきました。

知っているようで知らないチョコレートの
素朴な疑問ではないかと思いますが、
実はこんな違いから呼び方が変わってきていたんですね^^

ということで、ぜひこれからチョコレートを見た時に
「たしか、こんなチョコレートだったなぁ」と
参考にされてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください