溶かしたチョコレートが冷蔵庫や冷凍庫で固まる時間はどれくらい?

湯煎で溶かしたチョコレートを型に入れたら
そこからは固まるまで待つだけとなりますが、
できるだけ早く型に入れたチョコレートを固めるために
冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷やすということを
思いつく方も少なくないようですね。

ただ、溶かしたチョコレートを冷蔵庫や冷凍庫に
入れて冷やした場合固まるまでの時間は
どれくらいなのかということが分からず
気になっている方も多いようなので、
今回は溶かしたチョコレートを冷蔵庫や冷凍庫に入れて
冷やしたらどれくらいで固まるのか
などについてご紹介していきたいと思います。

溶かしたチョコレートが冷蔵庫や冷凍庫で固まる時間はどれくらい?

湯煎で溶かしたチョコレートを早く固めるために
冷蔵庫や冷凍庫に入れようと思う方も少なくないようですが、
溶かして型に入れたチョコレートをいきなり
冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷やすのはNGとなります。

というのも、チョコレートを急激に冷やしすぎてしまうと
白い斑点(シュガーブルーム)が表面にできてしまったり、
結露を起こして水滴がついてしまったり、
固まり方にむらができてしまい舌触りが悪くなってしまうからです。

なので、チョコレートを固める場合には
早く固めようとしてはいけないんですね^^

できるだけ急激な温度変化をチョコレートに与えず、
じっくり冷えて固まっていくようにするのが、
なめらかで美味しいチョコレートを仕上げるためのポイントとなります。

テンパリングのやり方【動画】

ちなみに、チョコレートが常温で完全に固まるまでには
一概には言えませんが最低でも数時間かかるので、
時間に余裕を持って固めるようにしましょう。

溶かしたチョコレート冷蔵庫に入れるなら…

さて、ここまでは溶かしたチョコレートを
冷蔵庫や冷凍庫で冷やしてはいけないということについてご紹介しましたが、
必ずしもチョコレートを冷蔵庫に入れてはいけない
というわけではありません。

では、どういった時にチョコレートを冷蔵庫に
入れると良いのかということについてですが、
これは、「保存」をしたい場合となります。

ただ、チョコレートを冷蔵庫で保存する場合は
ジップ付袋に入れ空気をよく抜いてから入れるようにしましょう。
そうしないとチョコレートに水滴がついて
ブルーム現象が起こってしまったり、
冷蔵庫に入っている他の食品のにおいが移ってしまう可能性があります。

チョコレートに白いカビ?ブルーム現象って何?

また、夏場の暑い時期にチョコレートを
室内に置いているとドロドロに溶けてしまうので
そのいった場合にも冷蔵庫に入れるようにした方が良いですね。

ちなみに、チョコレートは冷凍庫に入れてしまうと
品質が低下してしまう可能性がありますので、
冷凍庫には入れないようにしましょう。

まとめ

今回は溶かしたチョコレートを冷蔵庫や冷凍庫で
冷やして固めるのがNGな理由などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

チョコレートはテンパリングや固める時の
温度管理に気をつけなければならない
デリケートな食べ物なので、
型に入れたチョコレートをいきなり冷蔵庫や
冷凍庫で急激に冷やすのはNGなんですね。

というわけで、手作りチョコレートを作る際には
十分時間と心に余裕を持って作業しましょう。

ぜひ、参考にしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください