チョコレートは腐る?白いカビを食べた!賞味期限切れは食べれない?

しばらくしまっておいたチョコレートを
食べようと開けてみるとチョコの表面が
白っぽくなってしまっていてビックリしてしまった
という経験をお持ちの方も少なくないようですが、
このことから次のような疑問を持たれる人も多いみたいです。

「白くなった部分はカビなのでしょうか?
チョコレートは腐るんですか?
賞味期限が切れたら食べれないの?」

確かに、知っていそうで知らない疑問ですよね^^

ということで、今回はチョコレートの
チョコっとした疑問について
ご紹介していきたいと思います(笑)

チョコレートの白いカビを食べた(汗)大丈夫?

チョコレートの表面が白っぽく変色してしまうと
一見「白いカビ」のように見えなくもありませんが、
実はこれは白いカビではなく「シュガーブルーム
という現象になります。

では、「シュガーブルーム」とは一体何なのかということですが、
これはチョコレートが温度変化などによって
表面に水滴がつくことでチョコレートに含まれていた
砂糖が溶かされ水分が蒸発した後、
砂糖がチョコレートの表面で結晶化したものになります。

よく、冷蔵庫などでチョコレートを保管すると
このシュガーブルームが起こりやすいのですが、
このシュガーブルームはカビではなく砂糖なので
食べてしまったとしても全く問題ありませんし、
軽度のシュガーブルームであれば
再びチョコレートを近してテンパリングして
元通りのチョコレートにすることもできます^^

ただ、チョコレートの風味は落ちてしまいますし、
やはり見た目が悪いので食べづらくなってしまうので、
最高の状態でチョコレートを味わいたいという場合は
シュガーブルームが起こらないように、
直射日光が当たらない場所かつ20℃くらいの常温で
保管しておくようにすると良いみたいです♪

チョコレートは腐る?白いのはカビ?

さて、チョコレートの表面が白っぽく変色するのは
白カビではなくシュガーブルームである場合が多い
ということについてご紹介しましたが、
実は本当にカビだったということもあるので注意が必要です。

というのもよくミルクチョコレートのように
ミルク成分が入っているチョコレートがありますが、
このミルク成分は腐ってしまう可能性があるのため
そこにカビが生えてしまうことは充分考えられます。

実際カビたチョコレートを食べた知人の経験談によると
舌がビリビリしてすぐに吐き出してしまったそうなので
もし、食べた瞬間舌がヤバイと感じたらそれは
間違いなくカビだと考えて良いでしょう(^_^;)
(というか、食べないようにしましょうね。笑)

ただ、チョコレート単体ではほとんど腐ることがなく
長期保存に適したものなので、
砂糖やミルクが入っていなければ、
カビが生えたり腐ったりという心配はあまりないのですが、
通常ミルクが入っているチョコレートも多いため
そういった場合はミルク成分が腐ったりカビたり
してしまうことがあるということを覚えておきましょう。

ということで一度まとめると、
チョコレートが腐らないというのは
本当に混じりっ気のない純粋なチョコレートに限った話で
いろいろと混ざっているチョコレートの場合は
腐ったりカビたりする可能性があるということになります。

賞味期限切れのチョコレートは食べれない?

さて、チョコレートは長期保存することが可能なので、
後で食べようと取っておくようにすることもあるかと思いますが、
そうこうしているうちにうっかり賞味期限切れに
してしまうなんてこともあるかもしれません。

さて、チョコレートが賞味期限切れしている場合は
もう食べられないのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようですが、
チョコレートは賞味期限切れしているからといっても
食べられないということもありません。

もちろん、カビが生えたり、
腐ったりしている場合には食べられませんが、
そうでなければ風味は若干劣りますが、
問題なく食べることができます。

ちなみに、どうしてチョコレートの風味が悪くなるのかといえば、
時間とともに酸化していってしまうからですが、
ミルク成分が入っているチョコレートだと酸化しやすいので
できるだけ賞味期限切れする前に食べるようにした方が良いでしょう。

まとめ

今回はチョコレートは腐るのかどうかや
白いカビが生える可能性はあるのか?
賞味期限が切れたら食べれないのか?など
チョコレートに関する疑問にお答えしました。

基本的にチョコレートは長期保存することが可能なものなので、
すぐに食べれなくなってしまうということはありませんが、
ミルク成分が入っているものを長期間の放置してしまうと
カビが生えてしまう可能性も考えられますので、
純粋なチョコレートでなければ賞味期限前に
食べ切ってしまうようにした方が良いでしょう。

ただ、賞味期限切れしているからといっても
カビが生えたり腐ったりしていなければ
風味が落ちているだけで食べれないわけではないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください