お土産のチョコレートが飛行機で溶ける可能性はある?何度で溶ける?

海外旅行のお土産にチョコレートを
買って帰ろうと考えている方も多いのではないでしょうか?

例えば、フランスのパリやベルギー、ロシアなどの
チョコレートは美味しいと有名なので、
きっとお土産にしたら喜ばれること間違いなしでしょう^^

ただ、ここで1つ不安に思うことが、
チョコレートが飛行機で溶ける可能性はないのか
ということについてです。

チョコレートは熱に弱く溶けやすいため、
溶けないように持って帰らないと
お土産として手渡したとしても、
相手にかなり失礼な状況になってしまうなんてことに(^_^;)

ということで、今回はお土産のチョコレートが
飛行機で溶ける可能性があるのかないのか、
そして、チョコレートは何度で溶けるのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

チョコレートは何度で溶けるの?

チョコレートを溶かしてしまい
大変なことになってしまった…

なんて経験をお持ちの方も少なからず
いらっしゃるかと思いますが、
チョコレートは大体何度くらいで溶け始めるのでしょうか?

これについて調べてみると、
チョコレートの種類によって若干溶け始める
温度が異なるものの大体28℃くらいで
溶け始めてしまうようです。

なので、お土産などでチョコレートを持って帰る場合には
28℃以下になるような環境で保管し
持ち帰るようにしなければなりませんが、
真夏の暑い時期だとかなり厳しいかもしれないので、
真夏に旅行に出かけるという場合には
チョコレート以外のお土産を検討した方が良いかもしれません。

ちなみに、チョコレートの適温は15℃前後となっているので、
秋口から春にかけてはチョコレートのお土産を
持って帰るのに適した季節といえそうですね。

お土産のチョコレートが飛行機で溶ける可能性はある?

さて、ここまではチョコレートは何度で溶けるのか
ということについてご紹介しましたが、
海外旅行からお土産としてチョコレートを飛行機に
持ち込んだ場合チョコレートが溶けてしまう可能性はあるのでしょうか?

ということでこれについて調べてみると、
スーツケースの中に入れて預け荷物にしてしまえば
チョコレートが溶けてしまうということはほとんどないようです。

というのも機内温度は25℃前後にコントロールされていて、
荷物室はそれよりも低い温度に設定されているためです。

なので、手荷物として機内持ち込みをするよりも
スーツケースに入れて預けてしまえば、
チョコレートが溶けてしまうことは
ほとんど心配する必要はないということですね。

ただ、預け荷物にした場合は
スーツケースを放り投げられることによって
加わる衝撃の方が心配になりますので、
チョコレートを緩衝材でくるんでハードケースなどに入れるなど
衝撃対策をしておくようにした方が良いかと思います。

また、飛行機の荷物室に入っている時は
外気温をそこまで気にする必要はありませんが、
暑い時期だと着陸してから荷物をターミナルに移動させるまでや
空港から目的地までの移動などでチョコレートが溶けてしまう
危険がありますのでそういった場合にはクーラーボックスに
保冷剤を入れてチョコレートを保管しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は海外旅行などのおみやげのチョコレートが
飛行機で溶ける可能性はあるのかや
チョコレートは何度で溶けるのかということについてご紹介しました。

チョコレートは溶けてしまったら台無しになってしまいますので、
お土産として持ち帰ろうとする場合には溶けないように
気をつけることがとても大切です。

飛行機では溶ける心配はあまりなさそうですが、
夏場だと外気にさらされたりすると
あっという間に溶け出してしまう可能性があるので、
保冷剤などで暑さ対策しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください